三重県内の楽しく走れるランニングコースをどんどん発掘していこう

今の時期は全国各地で主要マラソンレースが開催されてと、秋のレースシーズン真っ只中。

当然今最優先されるのは、セカンドウィンド四日市メンバーのコンディションを万全に持っていく事が最優先されます。

それと同時に、メンバーのみなさんが気持ちを切らさず、楽しく走れるコースの開拓は、私自身のライフワークになっていく気がしています。

四日市大沢台に隠れたクロカンコースを発見

今日は朝よりある取材・撮影のため四日市の大谷台というところに行っていました。

そこで取材させていただいたのは「みえ北里山づくりの会」さんという市民活動団体だったのですが、本来の取材目的とは全く異なるところで、思わぬ発見がありました。

その発見とはみえ北里山づくりの会さんが、整備されている「みえ北めぐみの森」というところには、クロカン走がじゅうぶん可能なほどの不整地コースが整備されているという事。

本来の取材目的とは全く異なるため、今日は奥深くまでは入っていけなかったのですが、話を聞いたところ結構な距離を取れる不整地コースが用意されているとの事でした。

これはこのまま放置しておくわけにはいかない・・・というわけで日をあらためて、コースの全貌をしっかりと探索していこうと思っています。

尾鷲ツーデーウォークコースは走っても絶対に楽しそう

みえ北里山づくりの会さんでの取材を終えた後は、慌ただしく三重県の南方にある尾鷲市の熊野古道センターへ。

その目的は、私自身一応事務局次長を努めさせていただいている三重県ウオーキング協会が後援している「おわせ 海・山ツーデーウォーク(通称:おわせツーデー)」のスタッフとして。

おわせツーデーは世界遺産である「熊野古道」を歩ける大会なのですが、かなりアップダウンのきついコースで、「今まで歩いた大会の中でダントツできつい」「ウォークでなく過酷な登山だ・・・」などの声を参加者のみなさんから聞きました。

ただ景観はかなりの絶景のようで、またコースがきつい分、達成感も他の大会にはないものがあるとの声も聞きました。

そして参加者の中には、普段は走っている方もいらっしゃったのですが、「ウォークよりトレラン的に走るにも絶好のコース」との声も聞きました。

残念ながら今回はスタッフとしての参加、そして風邪をひいておりかなりの体調不良だったことから、コースを歩く(走る)ことはできなかったのですが、2日間のコースマップなどをいただいたため、日を改めて尾鷲に訪れ、マップを片手にガッツリ走ってみようと思っています。

まだまだある三重県内のランニングコース

実はここ最近、今回発見した大沢台のクロカンコースの他にも、もう一つ四日市市内に周回800m前後の気持ちよく走れそうな隠れたクロカンコースを発見しました。

また三重県ウオーキング協会が後援している大会にはおわせの他に、伊勢志摩ツーデーウォークがあるのですが、このコースもウォークはもちろん、ランニングのトレーニングにも最適なコースだとずっと前から思っています。

他にも三重県ウオーキング協会に所属していると、各市町村の歩こう会のみなさんから、三重県内の隠れたかなり魅力あるウォーキングコースを教えていただけます。

そしてそれらのコースは、走っても絶対楽しいだろうなと思うコースばかり。

そう考えると三重県内には、まだまだ自分が知らない多くの特色を持ったランニングコースが、数多く眠っている気がしています。

あるプロジェクトがSWACにて始動中

もともと飽き性の私、定番のコースを走っているだけでは、すぐに飽きてしまいます。

そんな自分にとって、三重県内の未知のランニングコースを探索するのはかなりワクワクする事で、今後のライフワークにしていきたいという思いが日増しに強くなってきています。

そんな思いが強くなってきている今のタイミングを見計らったかのように、今日はまたまた新コース発掘の気配。

そして現在全国規模で事業を展開しようとしているSWACでは、あるプロジェクトが動き出そうとしています。

そのプロジェクトについて詳しくは別の記事で書かせていただくとして、まずはプロジェクトの準備を進める間、ガッツリ地元四日市市内のランニングコースを発掘していこうと思っています!!

おすすめの記事