絶不調のまま迎えた45歳誕生日ランは予想に違わぬ伊坂ダメランになったとさ

またたいした成長もなく一つ歳を重ねることに

今日8月8日は私めの誕生日・・・という事で本日をもってまたひとつ歳を重ねて45歳となってしまいました。

いつまで経っても成長できない自分を、心から情けく思う事となるのが習慣となりつつある8月8日の誕生日。

そして来年こそは何かしらの成長を感じたいと、昨年の誕生日も心より思っていたはずなのですが・・・

45歳最初のランは伊坂ダムでしたが・・・

今日は土曜日と言う事で、午前はセカンドウィンド四日市の練習会を伊坂ダムで実施しました。

45歳になって最初のランということで、今日はできる限り良い走りをしようと、昨日寝る前は思っていたはずでした。

・・・が朝起きると、予想通りの蒸し暑さで、早速走る気も失せてしまい、何度もため息をつきながら伊坂ダム入り。

そしてセカンドウィンド四日市メンバーと合流して、気持ちを引き締めようとこそしたものの、準備体操の段階でも身体に全く力は入ってくれず。

そして走りはじめても、一向にペースは上がる気配もなく、結局伊坂ダムを2周走った段階で心折れ、私一人が早々にリタイア。

暑さに異常に弱い私、例年夏場は調子を崩す事が多いのも事実なのですが、相変わらず全く成長を感じられないヘタレっぷりに誕生日早々凹まされる事となりました。

本来なら焦りが出始める8月上旬ですが・・・

例年ならそろそろレースに向けて、徐々に調子を上げていくべきと、私自身少し焦りがで始めるはずの8月前半の今の時期。

ただ新型コロナウィルスの影響で、いつ主要レースが再開されるか全く見当もつかない今年に限って言えば、今がどれだけ不調であっても全く気になりません。

むしろ今の時期に変に焦りはじめ、無理に調子をあげようと頑張って練習した挙句に、夏バテで9月から10月にかけてとんでもなく調子を落とす事が多い気がする私の場合。

今は「不調なら無理をしない」がベストの選択肢である気もしています。

そして今の私は絶不調とは言え、故障らしき箇所は微塵もなく、何かしらの故障に悩み続けたここ5〜6年ほどを考えれば、むしろ最良とも言えるコンディション。

今が調子のどん底であったとしても、故障さえなければ、先に光は見え続けている気がしています。

45歳こそ成長著しい1年にしよう

とんでもない蒸し暑さの中、心折れる事なく走り続けるメンバーを見送った後、私自身が向かった先はいつもの伊坂丹生水神。

何かと水にご縁のある人生を送っている気がしている私にとって、水の女神様を祀っているとされている伊坂丹生水神はかなり小さい神社でありながら、大きな存在の一つであり続けています。

そんな伊坂ダムを見守ってくださっている伊坂丹生水神にお参りする際は、いつも「次回訪れるまでに少しは成長して戻ってきます」と念じていたりします。

ただ実際のところ、伊坂丹生水神にいつも参拝の最初に念じるのは「今回も成長なく来てしまい、本当に申し訳ございません」といったところです・・・

そして本年も全く成長らしき成長も感じず、今日の誕生日を迎えてしまったわけですが、気がつけば私も45歳と、またひとつ大台に乗ってしまった事は間違いありません。

・・・というわけで今度こそは、今までの数え切れないほどの失敗の数々から学んだ事をひとつひとつしっかり活かしていく事で、45歳となった今日からこそは充実の1年にしていきたいものです!!

おすすめの記事