相性のいいはずのお伊勢さんマラソンでハーフマラソン自己ベストを目指そう

誰にでも相性のいいレースと、悪いレースというのがあるのだと思います。

私の場合、フルマラソンで言えば相性の悪い大会は先日も撃沈した土山マラソン、そして相性のいいのが自己ベスト・セカンドベスト(ともに2時間45分台)を出している洞爺湖マラソン、。

そしてハーフマラソンで言えば相性の悪い大会は思い浮かばないのですが、相性のいい大会は1時間20分切りの自己ベスト・セカンドベストを出している・・・

ハーフマラソン自己ベストは6年前のお伊勢さんマラソン

私がハーフマラソンで自己ベストを出したのは、2012年12月に開催されたお伊勢さんマラソン。

大会当日まで2週間近く風邪が長引いてしまい、半分リハビリくらいのつもりで出たはずの大会だったのですが、走り出してみると案外身体が軽く。

そしてゴールしてみると、当時の自己ベストを2分近く縮めての1時間19分26秒と、まさかの1時間20分切りでのハーフ自己ベスト。

さらに人生初の大会入賞も経験してと、まさかまさかの1日となった記憶があります。

2年前と同じタイミングで風邪をひいたのはいい兆候?

あの時から6年が経って、今年の私、お伊勢さんマラソンから約2週間前のタイミングでまたまた風邪をひいてしまいました。

おかげでここ数日はまともな練習ができていません。

ただこれも自己ベストを出した2012年のことを思い起こせば、決して悪い兆候ではないような気もします。

ただ2012年と言えば、5月に洞爺湖マラソンでフルマラソン自己ベスト2時間45分35秒を出した年であり、私にとってまさに全盛期とも言える時期。

そして当時のお伊勢さんマラソンのコースは極めてフラットで、記録が出しやすいコースと言われていましたが、ここ数年コース変更のあったお伊勢さんマラソンのコースはアップダウンが結構きついコース。

このコース、2年前に一度だけ走っているのですが、ものすごくしんどい思いをしたにも関わらず、1時間22分19秒とそれほどいいタイムで走れていません。

お伊勢さんマラソンの目標は1時間19分切り

・・・という事で悪い予感も漂ってはくるのですが、考えてみると当時に比べると今の私は、格段に上り坂に強い走りができています。

そして後半大失速した今年の11月はじめの土山マラソンでも、ハーフ地点では1時間25分台前半でかなりの余裕を持って通過しており、ハーフを走るだけなら、現段階でも4〜5分くらいなら全然縮められそうな気がしています。

そう考えると今回のお伊勢さんマラソン、1時間20分前後のタイムでは、多少調子が悪いくらいでも走れる目処が経っているように思えます。

あとはペース配分さえ間違わなければ、そしてここ最近レース後半で出てきがちな弱気な心が顔を覗かなければ、自己ベスト更新は十分可能。

さらにコンディションをしっかり作っていくことができれば、1時間19分切りは十分可能。

・・・というわけで今年のお伊勢さんマラソンの目標は自己ベストを30秒近く縮めての1時間19分切り。

その目標達成をより現実に近づけるため、あと10日ほどで、まずは風邪をしっかり治しつつ、コンディションを万全に整えていこうと思っています!

 

おすすめの記事