7月も今日で終わりですが・・・

秋のレースシーズンで結果を出すためには、夏場の走り込みが重要と言われています。

そして一般にフルマラソンに向けての準備期間として、よく言われるのが3か月。

そして来シーズン、私が最初に予定しているレースは11月はじめの土山マラソンという事で・・・

防府マラソンにエントリー

昨日の夜、もともと2019年の本命レースと位置付けていた防府マラソンにエントリーしました。

防府マラソンはサブ4以上のランナーしか出場できないレースにもかかわらず、「カテゴリー4・サブ4以内」「カテゴリー3・サブ3.5以内」のカテゴリが10分と待たず定員に達し、エントリーを締め切る大人気大会。

一方で「カテゴリー2・サブ3」になると、エントリーしやすくなるのですが、幸い昨シーズン紀州口熊野マラソンと洞爺湖マラソンにて一応サブスリーを達成している私、難なくカテゴリー2にてエントリーする事ができました。

ちなみに防府マラソンのカテゴリー1は、2時間40分以内の持ちタイムでエントリー可能。

12月に出場する防府マラソンでは、あわよくばこの2時間40分以内を狙っていかなければならないと思っています。

年内にフルマラソン3レースにエントリーしていますが・・・

来シーズン、年内にエントリーした大会は3レース。

まずは11月3日(日)のあいの土山マラソン。

そしてその3週間後の11月24日(日)のつくばマラソン

そしてさらにその3週間後の12月15日(日)には防府マラソン。

3週間おきに1レースと、かなりタイトなスケジュールになりますが、一つ心に決めている事があります。

それはエントリーしている3レースに練習レースなどなく、全てのレースを本命レースと位置づけて走るという事。

昨シーズンは足底筋膜炎に悩まされた事もありますが、「練習レースだから・・・」などと言い訳をして、シーズン途中で中だるみをしてしまった期間がありました。

そんな昨シーズンの反省を踏まえ、本気で結果を出したい2019年度シーズンは、3レース全てを本命と位置付ける事で、常に緊張感を持って過ごしたいと思っています。

7月も今日で終了という事で・・・

3週間おきにフルマラソンを本気で走るとなると、身体的にも、精神的にもかなり強くならなければなりません。

そして2020年10月のシカゴマラソンで2時間35分を切るという、とんでもなく高い目標を設定しているとなると、2019年内に最低でも自己ベスト2時間45分39秒の更新。

欲を言えば2時間40分切りを目指して、やれる事はすべてやり切る覚悟が必要になってきます。

そして気がつけば明日から8月と、来シーズン最初の本命レース・土山マラソンまであと3か月ちょっととなります。

フルマラソンで結果を出すためには、最低でも3か月の準備が必要。

そう考えると、もういつまでもおさぼりモードなどと言っている場合ではありません。

そんなわけで7月終了をもって、私のおさぼりモードも今日で終了。

明日よりはじまる8月からは、今度こその本気モードに突入していきます!!

おすすめの記事