らんしす 多田夏彦 プロフィール

肩書き

●三重県のマラソンサイト・SWAC三重管理運営

●四日市のマラソンチーム・セカンドウィンド四日市代表

三重県ウオーキング協会事務局次長

保有資格

SWACコーチライセンス

日本ウオーキング協会公認指導員

●IT関連資格多数

市民ランナーとしてのマラソン自己ベスト

●フルマラソン  2時間45分31秒(2013年5月 洞爺湖マラソン)

●ハーフマラソン  1時間19分26秒(2012年12月 お伊勢さんマラソン)

多田夏彦 プロフィール

ダイエットのつもりではじめたランニングが

諸々の理由で勤めた会社を辞めることとなった10年前。

それまでとにかく忙しくストレスでブクブク太ってしまっていた私、鏡の前の自分の姿を見てショックを受け、ダイエットのためウォーキングを始めることにしました。

そしてウォーキングを始めて1ヶ月ほどして、ランニングに移行、そして朝を中心にひたすら走り続けていると、気がつけば3ヶ月で体重はまさかの15キロ減。

調子に乗って走り始めてから半年後にフルマラソン(いびがわマラソン)に挑戦すると、まさかの3時間半切りを達成して、人生で初めてと言っていい素晴らしい達成感を味わうことができました。

そしてその感動をどうしても多くの人々に伝えたくなり、ブログ(アメブロ・現在は廃止)をスタート。

そしてその後は少し伸び悩んだものの、初フルマラソンから約1年後の大阪淀川市民マラソンで、トップ市民ランナーの称号とも言われるサブスリー(3時間切り)を達成し、ますますマラソンにのめり込んでいく事となりました。

友人の勧めでランニング指導者を目指すことに

こうしてランニングにのめり込んでいった私ですが、同時にこんな悩みを抱えるようになりました。

アスリートでもないのに、このまま記録を伸ばしていって、どうなるのだろうか?

そんな時に友人より、「多田くんは人に物を教えるのが得意だから、指導者の資格を取って仕事にしてみたら?」という言葉をもらい、もともと人に教える仕事にかなり興味のあった私、ランニングに関連する運動指導者の資格をいくつか取得する事にしました。

こうして指導者のための勉強を続けながら、走り始めてまだ2年足らずの時に出場した東京マラソンでは、全ランナーの2%しか達成できていないと言われている2時間50分切りを達成。

東京マラソンは沿道を埋め尽くす大声援、その中で最高のパフォーマンスを発揮できた達成感は、今までになかったほど素晴らしいもので、より多くの方にこの達成感を味わってほしいと心より思うようになりました。

セカンドウィンド四日市の立ち上げ

そんな指導者としての思いをブログに書いていたところ、東京に拠点を置き、多くのトップランナーを育てた実績のあるランニングクラブ「SWAC」より、地域にその指導ノウハウを広げるべく声をかけていただきました。

そしてそれをきっかけに、四日市にランニングチームを創る事を志す事になりました。

その後はSWACよりランニングコーチとしてのライセンス取得のためのランニング指導ノウハウや、ランニングクラブの運営方法などを伝授いただきました。

さらに日本ウオーキング協会公認指導員の研修を受けに広島まで行き、ランニングだけでなくウォーキングの指導ノウハウを取得する事となりました。

そして宣伝費をうかせるためホームページの制作方法を独学で勉強し、2011年8月に「らんしす」として個人事業届けを提出すると同時に、ホームページを開設。

そして11月にランニングチーム「セカンドウィンド四日市」を立ち上げる事となりました。

インターネット活用でチーム立ち上げ当初は順調

陸上経験なし、全くの無名だっただけでなく、地元にランニング仲間が一人もおらず、しかも当時の四日市ではかなり珍しい会費制のランニングチームという事で、とにかく不安ばかりだったチーム立ち上げ時期。

このタイミングにおいても、大きな助けとなってくれたのは当時運営していたホームページやブログ、そして当時はじめたばかりのfacebookでした。

まずブログで日々チームへの思いや自分の走りについて書いていたことで、早い段階で運営をサポートいただける方と出会える幸運に恵まれました。

さらにホームページやブログを見て、そしてfacebookで多くの地域の人々とつながれたおかげで、50代から20代の方まで幅広い層の年齢の地元ランナーに入っていただき、気がつけば50名近くと、順調にメンバーの数も増えていっていました。

そして私自身の走力も着実にアップしていって、2012年の洞爺湖マラソンではフルマラソン自己ベストの2時間45分36秒、その翌年の2013年も同じく洞爺湖マラソンで2時間45分59秒と、2年連続で2時間45分切りを達成。

この調子でランニングチーム運営も、ランナーとしての自分も、どんどん成長していけると思っていたのですが・・・

ランニング事業停滞の中、助けとなったインターネット事業

2013年の洞爺湖マラソンが終わるまでは順調そのものだったはずが、その直後から急に体調不良や故障が多くなり、自分の練習が思うようにできなくなりました。

そんな自分の不調と歩調を合わせるように、セカンドウィンド四日市のチーム運営にもいろいろな歪みのようなものが生じはじめ、全てにおいてうまくいかない時期が続きました。

今思えば立ち上げ期が順調すぎた事による慢心が招いた事だと分かるのですが、当時は理由がわからず、とにかく新しい取り組みをいろいろな事を試しては、失敗失敗の連続。

そして2016年と2017年に出場した土山マラソンでは、2年連続で途中棄権と、マラソンランナーとしてはこれ以上ない屈辱を味わう事になって、年末にはかなり気持ちも沈み込んでしまっていました。

そんな調子でランニングに関連する活動全般がなかなか軌道にならない中、ずっとらんしすの事業の大きな助けとなったのが、ホームページ・ブログ・SNSの運営などで培ったインターネット関連事業でした。

らんしす立ち上げ当初から、ブログやfacebookなどを通じて人との出会いには本当に恵まれ、多くの会社経営者の方々とつながる事が出来ました。

そしてインターネットに関しては素人同然だった私に、会社のホームページ制作やシステム運営などの依頼をいただけていた事で、なんとか個人事業主として食いつないでいく事ができました。

地域の意義あるものをインターネットを通じて広めたい

そして2017年からは、ひょんとしたご縁で四日市市八郷地区の市民活動団体に入会させていただいたところ、それをきっかけに多くの四日市市内のNPO法人や市民活動団体、地区の自治会さんなどつながる事が出来ました。

そして「いつでも身近に相談に乗ってくれるうえ、(デザイン力はいまいちだけど・・・)低予算で、意見や要望をしっかり聞いて仕事をする」という、ありがたい評価をいただけるようになり、地域の市民活動団体や個人事業主の方などからホームページの制作依頼をいただく機会が急激に増えました。

それと同時に「ITに詳しく、分かりやすく教えてくれる」と紹介してくださる方も増えてきて、パソコンやスマホ・タブレット全般に関連する相談や、IT全般やホームページ、動画の作り方などのIT関連講習の依頼も増えてきました。

こうして徐々にインターネット関連の仕事が増えていく中で気づいたのは、地域には本当に意義のある事業や活動をされている方が多くいらっしゃるにも関わらず、地域であまり知られていない方々が本当に多いということ。

そして活動をより多くの地域の人々に知ってほしいけど、広告宣伝に多くの予算を割けないため、悩んでいらっしゃる市民活動団体や個人事業主の方々があまりにも多いことに気づきました。

インターネットは低予算で、うまく活用できれば地域はもちろん、日本そして世界と本当に多くの方々に活動内容を広めていく事ができます。

ただインターネット関連のトレンドは日々刻々と変わっていくうえ、どうもとっつきにくいイメージがあり、なかなか思うように活用できていない方がほとんど。

そんなインターネットをうまく活用できていない方々が手掛けていらっしる意義ある活動を、より多くの方々に知っていただくお手伝いができれば・・・

そんな思いより、2019年度からは四日市市を中心とした三重県内の意義ある事業や活動を、インターネットを通じて、低予算でより、多くの地域の人々に知っていただくべくサポートする事業を、本格的に推進していく事に決めました。

マラソンとインターネットで地域に恩返しを

長く続いた不調からようやく脱却気味で、現在はランニングの方も復調傾向。

2019年2月の紀州口熊野マラソンでは、約5年ぶりにフルマラソン3時間切り・サブスリーも達成して、今はかつての夢であった福岡国際マラソン出場を目指して、本格的にトレーニングを再開しました。

そしてマラソンやインターネット関連の事業を通じてつながった多くの地域の方々のおかげで、ようやく事業も軌道に乗りかけてきてと、2019年4月よりは新たなスタートを切っていく事になります。

今後はインターネットを通じて地域の意義ある事業のPRをサポートするとともに、自分の人生を大きく変えてくれたランニングやインターネットに関するノウハウを積極的に地域の人々に広めていく事に決めました。

そうして本当に苦しかった時から自分を支えてくださった、四日市を中心とした地域の皆様に恩返しをしなければならないと思っています。

そしてらんしす設立時からのビジョンである「三重県をランナーのオアシス」にするべく、日々挑戦を続けていきます!!