ランニング関連の名著中の名著とされる「リディアードのランニングバイブル」を書いた故アーサー・リディアード氏は、自分の走りを実験台にしてその理論を打ち立てたそうです。

そして10年以上をかけて、ようやく独自のトレーニング理論にたどり着いたそうです。

そして私自身も走りはじめて、今がちょうど10年目。

そろそろ私自身も、今までの山あり谷ありの経験より、独自かつ究極のマラソンメニューづくりに着手していこうと思っています。

世界的名著2冊を今こそ徹底的に読み込もう!

独自のマラソン理論と言っても、学生時代から陸上競技に取り組んでいたわけでもない庶民ランナーの私の場合、ベースとなる理論は必要です。

そのベースとなる理論として、絶対に無視するわけにはいかないのがランニング書籍の世界的な名著中の名著と言われる2冊。

その一冊が「リディアードのランニング・バイブル」

この本が書かれたのは1993年とかなり昔で、これだけスポーツ科学が進歩している中で、どうしても時代遅れ的なイメージがあります。

ただ現在も青山学院大学の原晋監督や故小出義雄監督など、名だたる名指導者が軒並み信奉していたとされるこの一冊を、ベースにしない手はありません。

そしてもう一冊が「ダニエルズのランニング・フォーミュラ」。

周囲の実力ある市民ランナーのほとんどがこの本を読んでいると言っても過言でなく、私自身初めて読んだときは、この本の通りにやれば絶対に凄い事になると、興奮してしまった覚えがあります。

まずは独自かつ究極のマラソンを確立するために、今のタイミングにこそこの2冊をじっくり読み込んでみる事にします。

マラソンで結果を出すために、私自身がある意味走ることよりも重要だと思っているのが、故障しない身体作り。

どれだけいい練習ができていたとしても、故障一つで台無しになってしまうリスクは、マラソンを続けている限りずっと続きます。