防府マラソンがもはや絶望的な状況の中2020年最初のレースをエントリー

防府マラソンがもはや絶望的な状況の中2020年最初のレースをエントリー

防府マラソンの案内が届きましたが・・・

昨日来週末15日(日)開催の防府マラソンの案内が届きました。

本来なら気合を入れたいところではあるのですが、残念ながら今の私は完全に準備不足。

10月も11月も土山マラソンを走ったり、40km走を何度かやったりしているわりには、月間走行距離は2ヶ月連続で200kmにも到達せず。

大会にエントリーした頃には最低でも自己ベスト2時間45分39秒は更新するなどと言っていたわけですが、こんな練習内容では絶対に自己ベストの更新は不可能です。

というより現状の私では、サブスリーですらよほど運が良くない限り達成は無理な状況にあるという事で・・・

急遽紀州口熊野マラソンにエントリー

長くマラソンを続けていれば、なかなか思うように走れないという時期は必ずあります。

そしてフルマラソンはとにかくごまかしがきかないスポーツで、練習の積み重ねがかなりものを言います。

なので現段階での練習不足、そして防府マラソンで思うような結果が出ないのは、ある程度仕方ない事だと思っています。

ただ昨日の段階で最も問題だったのは、防府マラソンで結果が出ないことがもはや確定的な中で、リベンジレースとなる次のレースを一つもエントリーしていなかった事。

そんなわけで夜になって今からエントリーできる大会を検索してみると、昨年も出場している紀州口熊野マラソンエントリー締め切りが、ちょうど昨日12月5日(木)の夜までとなっていました。

紀州口熊野マラソンは昨年私が本当に久しぶりにサブスリーを達成できた、自分にとって縁起がいい大会。

そんなわけで急遽エントリー手続きを行い、私の2020年最初のレースは昨年と同じく紀州口熊野マラソンに確定しました。

とりあえず防府マラソンに向けて

さてとりあえずは来年の事より、もう来週に迫った防府マラソンの事を考えなければならない今ではあります。

ただ火曜日にセカンドウィンド四日市練習会でメンバーと、今回の防府マラソンでのレースペースと考えていたキロ4分ペースで走ったところ、思った以上に余裕なし・・・

日曜日に40km走を行ったばかりだったとはいえ、あまりの自分の不甲斐ない走りに、あらためてここ2ヶ月ほどの練習不足を悔いる事となりました。

現在の私の強みはと言えば、あまりにも練習をしていなさすぎて故障どころか、身体のどこの部位にあっても違和感すらもない状況にあるところ。

そして11月はじめに土山マラソン、そして11月と12月に1回づつセカンドウィンド四日市メンバーと40キロ走を実施してと、なんだかんだで40km以上の距離を1ヶ月の間に3度も走っている事。

この程度で結果が出るほどフルマラソンが甘くない事は間違いありませんが、奇跡が起こる事を信じて、これから約1週間、防府マラソンに向けてしっかり調整していこうと思っています!!