直前に迫った土山マラソン・フルに向けた最終刺激を実施

気がつけば明後日は今年唯一エントリーしているフルマラソン・土山マラソン。

2週間前から足裏もマメがつぶれた箇所が着地時にとんでもなく痛み、走るモチベーションを根こそぎ奪われてしまい、やっていた練習といえばセカンドウィンド四日市練習会でのペースランナーのみ。

そんな状況ではありましたが、昨日は一応レース前の最終刺激入れを行うことができました。

スピードは思ったより衰えておらず

昨日は木曜日ということで中央緑地トラックで、セカンドウィンド四日市のポイント練習会。

私自身はキロ4分半〜4分15秒前後で走るメンバーの方のペースランナーという名目のもと、レース前最後の刺激入れ。

メンバーの方の疲労が溜まっていたらしく、何度か休憩を繰り返しながらの刺激入れとなりましたが、キロ4分15秒ペースで2キロ、キロ4分半ペースで3キロ、そしてキロ4分ペースで1キロ3本を実施。

ここ最近キロ5分を切って走る練習など全くしておらず、かなりの不安を抱えながらの刺激入れでしたが、呼吸は全く乱れることなく、かなりの余裕を残して終了。

現段階でサブスリーペースキロ4分15秒ペースでレース前半から入っていける目処が立ったのは大きな収穫でした。

課題はやはりスタミナ

・・・とここまではよかったのですが、そのあとさらにキロ5分前後で走るメンバーのペースランナーとして走っていた所、脚が早速重くなってくるのを感じました。

今回の土山で最も不安視されるのは、走り込み不足からくるスタミナ不足。

後半疲れが溜まった状態の脚がどれだけ動いてくれるか?、後半間違いなく起こるであろうエネルギー切れ状態にどう対処するか?・・・スタミナに不安がある現段階で最も不安視されるのはこういったところですが、もはや今更ジタバタしてもどうしようもありません。

あとは当日の自分がいかに強いメンタルを持って臨めるかが、土山の走りのカギを握りそうです。

前半から攻めの走りを

・・・というわけでスタミナ不足は間違いなく、ただスピードは思ったより衰えていない現状で自分が考えられる土山マラソンでのレースプランは、前半から速めのペースで入るいつもどおりの攻めの走り。

今まで自分が自己ベストを出した時含め、サブスリーを達成した時のレース運びは全て前半から速めのペースで入って、後半粘り切った時の記録。

今回は今までサブスリーを達成した時に比べると練習不足であることは間違いないことですが、今までの経験を生かす事と、何より強い心を持って最後まで粘り切ることで、なんとか土山マラソンではサブスリーを目指して走ろうと思っています!!

関連サイトはこちら

当ブログを運営するらんしすの活動を紹介したホームページはこちら

マラソンレースのためのアドバイスを掲載したSWAC三重サイトはこちら

仲間とともに速くなる!

新規メンバー募集中!