怒涛かつ貴重な経験続きだった8月もはやいもので今日で終了

早いもので8月も今日で終了。

2016年当初より最重要月と位置づけていた8月でしたが、予想通り毎日毎日が波乱の毎日で自分を何度も見失いそうになりました・・・というより見失う事も度々でした。

そんなあたふたの毎日でしたが、周りの方々のお力あってなんとか乗り切れた8月を振り返ってみますと・・・

なんだかんだでそれなりに充実だった8月のトレーニング

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

8月はなんだかんだで忙しく、自主練の時間をほとんど取ることができず、あまり走れなかったような気がしていました。

・・・のですが、よくよく考えてみると、8月の上旬には四日市ナイトランロゲイニングの下見ランでそこそこ速いペースで23キロ近く、そしてお盆には34度近い暑さの中土山マラソンコース42.195km、さらにその1週間後には鈴鹿スカイラインなどアップダウンのきついコースを約33キロと、要所要所に長い距離を走りこめていた事に気づきました。

さらにスピード練習について見てみても、セカンドウィンド四日市の走力の高いメンバーと練習会で一緒に走っていた時は、そこそこいい練習ができていてと、練習日数こそ少なかったものの、まずまず充実の練習ができていた事に気が付きました。

大苦戦続きだった四日市ナイトランロゲイニング

14114038_1084062721674783_1198625149_o

そして8月最終の週末に開催されたビッグイベントの一つ「四日市ナイトランロゲイニング」

こちらについては開催の告知をしてから、準備にとりかかるまでに時間がかかってしまい、チェックポイントの下見を行えたのは8月に入ってから。

その後もなかなか思うように準備が進まず、また想定外の出来事が相次いで、チェックポイント自体がなかなか定まらずと、自分の力量不足を思い知らされる出来事が続きました。

それでもまわりのスタッフの皆さんに助けていただいて、本番は大きなトラブルもなく無事終了。

準備段階でいくかの失敗をしてしまいましたが、本番自体は東京からお越しいただいた方も含め、参加者の皆さんにも喜んでいただけたのは、

また今回ロゲイニングを最後までやり切った事自体は、今後に向けて本当にいい経験を積ませていただいた事は間違いなく、将来長い目で見ればかなり大きな財産となりそうです。

BCT講習会では目からウロコの連続

そして8月のメインイベントとなったのは東京から原健介先生にお越しいただいて開催しました「BCT講習会」

私自身、ランニング関係でははじめて著名な先生をお招きして開催された「BCT」

原先生には前日の四日市ナイトランロゲイニングからご参加いただき、直接いろいろなお話を聞かせていただけたのですが、一つ一つが目からうろこの本当に勉強になる事ばかり。

そして富双緑地の早朝練習、そしてメインとなったBCT講習会では、指導の仕方から立ち居振る舞いまで、何かを盗ませていただこうとずっと凝視していましたのですが、あまりの格の違いを痛感させられるとともに、本当に多くの気づきを得られる貴重な時間となりました。

今後も原先生とはいろいろな形でつながっていただけそうな気配。

まだ経験も浅い自分が、今回のような経験をさせていただけた事は、これ以上幸運なことだったと思うとともに、大きなモチベーションにもつながりました。

9月からは8月の貴重な経験を活かして

他にも多くの貴重な経験を積ませていただいた8月。

正直うまくいく事はなく、失敗した事ばかりが思い出される気もするのですが、すべての失敗が今後につながるものばかりだった気がしています。

そう考えると9月からは、8月に自分がやらかしてしまった失敗・・・らしきものを、貴重な経験として生かしていく事が非常に重要となってきます。

9月からもやるべき事も課題も山積みで、まだまだ自分にとって正念場が続きそうですが、何より今自分がやるべき事を見失わず、一つ一つ着実にやりきるよう心がけていきたいものです!!

関連サイトはこちら

当ブログを運営するらんしすの活動を紹介したホームページはこちら

マラソンレースのためのアドバイスを掲載したSWAC三重サイトはこちら

仲間とともに速くなる!

新規メンバー募集中!