「日永うちわ」に「四日市港ポートビル展望台」など今まで知らなかった四日市の魅力を再発見できました

お盆が過ぎたにもかかわらず相変わらず暑い日が続き、暑さが何より苦手な自分にとっては、ただただ走ること自体がつらい日々が続いています・・・

この暑さはしばらく続きそうで、この調子では11月の土山マラソンに向けて、どのように練習していけばいいか?・・・全く目処がつきません。

そんな私ですが、どういうわけかまずまずいい練習ができていて・・・

セカンドウィンド四日市メンバーのおかげで充実の練習内容

537e161b-f201-41c5-a4f9-8a2ebfce2edc

今週木曜日はセカンドウィンド四日市練習会で3km+2km、かなりの暑さで自分にはかなり過酷な状況であったにも関わらず、メンバーのペースを引っ張る責任感もあってかキロ4分5秒〜3分45秒ペースと予想外にいいペースで走る事ができました。

そして今日土曜午前のセカンドウィンド四日市練習会ではうだるような暑さの中、200mインターバルx10〜15本。

こちらの練習でもここ最近入ってくれた若手スピードランナーのメンバーに引っ張られる形で、36秒から33秒で15本走れてと、うだるような暑さのわりには、過去にもないほどにいい練習ができました。

日永の歴史にどっぷり触れてきました

IMG_5771

そんな充実の土曜練習会を終えた後は、四日市日永にあるギフトショップ「イナトウ」さんで開催の日永うちわ教室へ甥っ子と姪っ子を連れて参加。

現在セカンドウィンド四日市、そしてSWAC三重の新たな展開を見据えたりで日永地区の歴史や文化を学んでいる私。

そもそも日永うちわがどのようなものであるか全く知らなかったのですが、300年以上の伝統に加えて、その技術、品質など感心させられること多く、思いかけず多くのことを学ばせていただく機会となりました。

そんな伝統ある日永うちわですが、現在作っているのはイナトウさんだけ。

実際何度も苦境に陥り、他業者と同様にやめざるをえないような状況に追い込まれたイナトウさんですが、現在はその品質が認められて全国から問い合わせが来るようになっているそうです。

そんなイナトウさんの社長が教室の最後にお話された「諦めずに継続していれば、必ず報われる時は来る」という言葉は、今の自分にとって何より重みのある言葉であるように感じました。

そしてその後は「東海道日永郷土資料館」にも立ち寄り、日永地区のみならず四日市の歴史をじっくり学ぶいいきっかけとなりました。

四日市港ポートビル展望台から見える夜景は予想以上の絶景

IMG_5893

そして夜は8月27日(土)SWAC三重にて開催の「四日市ナイトランロゲイニング」の下見も兼ねて、四日市港ポートビル展望台へ。

知らないうちに土日の営業時間が夜9時までに延期されていた展望台から見える景色は、予想以上の絶景で、ただただ感心させられることとなりました。

さらに展望台には四日市港の歴史が分かりやすく伝わる展示物がいくつかあって、ここでも思いがけず四日市の歴史を学ばせていただく事に。

なんだかんだで今日は一日、自分が知らなかった四日市の魅力を再発見できる、貴重な一日となりました。

なんだかんだでバタバタの1日でしたが・・・

・・・というわけで今日はなんだかんだでバタバタバタバタと一日を過ごすことに。

今日あった出来事、一つ一つを見てみるとすべてが全く関連性もない出来事。

なのですが、今後自分が一生かけてでもやり遂げたい目標を達成するために、すべてがつながっていく出来事だったりします。

どうつながっていくかについては後日書かせていただくとして、今日は長い目で見れば、かなり収穫の多い1日となりました!!

<

関連サイトはこちら

当ブログを運営するらんしすの活動を紹介したホームページはこちら

マラソンレースのためのアドバイスを掲載したSWAC三重サイトはこちら

仲間とともに速くなる!

新規メンバー募集中!