「ランナー農場」実現に向けての第一歩を踏み出すこととなりました

5月に突入した昨日は、久しぶりに自主練で7キロほどジョグをしたのですが、今朝起きるとまさかの筋肉痛・・・

どれだけ4月走れていなかったかを思い知らされた私でしたが、今日は昨日のジョグよりはるかにきつい重労働に勤しむこととなりました。

 

●スポンサードリンク

 

市内のある畑でおそらく人生初の農作業

今日は朝より市内のある畑に向かうこととなりました。

その目的はもちろん農作業を行うこと。

自慢ではありませんが私、今までに一度も農業に携わったことはなく、庭いじり程度のことであっても全くやったことがありません。

そんな私ですが、諸々のご縁や事情あって、今日より農作業のお手伝いをさせていただくこととなりました。

今回私がお手伝いさせていただく事となった畑は、1週間前の段階では全くと言っていいほど何も手のついていない更地状態。

IMG_7939

農業初体験となる私ではありますが、今回のお手伝いは全くゼロのところから農業をスタートさせていただくこととなりました。

 

今日の作業は肥料撒きだったのですが・・・

全く一のところからスタートすることとなった農作業は、まず畑への肥料撒きからスタート。

肥料撒き・・・と言っても全くどのような作業をするのか検討もつかない状況だったのですが、いざやってみるとなかなかの重労働。

ランニングで普段より身体を鍛えているつもりではいたのですが、今日の作業ではどちらかと言うとランニングであまり使わない上腕部を酷使することに。

他にもなれない作業の連続で、後半にかけてはフラフラでしたが、畑全体に肥料を撒くという今日のミッションについてはなんとか達成することができました!

 

将来のランナー農場実現に向けての第一歩

・・・というわけで今日は生まれてほぼほぼはじめての農作業に携わらせていただいたわけですが、今回のお手伝いにを引き受けたのにはひとつ理由がありました。

それはセカンドウィンド四日市メンバーがある時、「いつかチームでランナー向けの食材をつくるランナー農場を作ってみたい!」と私に話をしてくださった事。

その話を聞いた時、すごく面白く魅力あるアイディアだと共感していて、いつかセカンドウィンド四日市で実現したいと思うようになっていました。

そんな話が頭の片隅にいつもあった状態で、農場を手伝って欲しいという申し出をいただいた時、将来のためにも絶対に引き受けておくべきだと思いました。

そして即答でその申し出をお受けすることにしましたのですが、今日こうして実際に農作業をやってみたところ、どれだけ農作物を一から作り上げていくことが難しいことであるか思い知らされることとなりました。

ただその分、農作物が出来上がった時の達成感は、マラソンで感じられる達成感に近いものを感じられるような気がしています。

自分がセカンドウィンド四日市を運営する一番の理由は、ランニングを通じてメンバーの方に多くの達成感を味わっていただくこと。

そう考えるとランナー農場、やはり絶対に実現すべきような気がしてきました!

今回お手伝いすることとなった農作業は、今日がまだ始まったばかり。

これからも大変な作業がいくつか続くそうですが、一つ一つの作業を体験して、多くを今のうちに学び実践することで、将来のランナー農場実現に一歩でも近づいていきたいものです!!

 

●スポンサードリンク

 

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

四日市のランニングチーム・セカンドウィンド四日市(通称:SW四日市)代表。ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、チームの運営やインターネットの活用などを通じて、四日市ランニングの魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

仲間とともに速くなる!

新規メンバー募集中!