自主練メニューの根本的な見直しを考えるべき時期

今日は木曜夜の四日市ランニング協議会練習会前に自主練で1キロのインターバル3本を実施。

IMG_0211

・・・の予定でしたが1本、2本と3分37秒で1キロを走り切った段階で息も絶え絶えで、3本目はペースを落とさずスタートしたものの400メートル程で撃沈、その後200mでつないで400m、200mと疾走を試みたのですがペースを全く上げきれず。

故障前なら余裕を持ってこなせていたはずのペースが、今では限界ギリギリのペースに。

その後の四日市ランニング協議会練習では6分/kmから5分半/kmビルドアップ組で10キロ走ったのですが、自主練習の疲れが響いてかそれなりにキツいランニングとなってしまいました。

 

故障が癒えて自主トレを再開して2週間が経過しました。

ここまで火曜日と木曜日をポイント練習日と定め、まずは明らかになくなっている体のキレを取り戻すべく火曜日は200mインターバル10本、木曜日は1キロインターバル3本を2週連続で実施した訳ですが、自分の体力の衰えを感じるばかりで復活に向け全くいいイメージができてきません。

・・・というより今の練習を続けていっても復調どころか、また大きな怪我や故障につながるだけのような気がしてきました。

 

自分は今回の長引いた故障を、自分の練習内容やSWAC四日市のクラブ練習の内容を根本的に見直すべき一つの大きなきっかけとしたいと思っています。

・・・と言いますのもあらゆる意味で自分の作成する練習メニューがどこかマンネリ化してしまっていた事が、自分のそしてSWAC四日市メンバーの故障につながってしまっていたのではと感じはじめるに至ったからです。

 

新年度ははじまったばかりで根本的なところから練習内容を見直すなら今は絶好の時期。

また5月よりはじまる子供運動指導やウォーキング指導などトレーニングメニューの幅を広げる意味でも、練習メニューの改善そしてバリエーションの拡張は欠かせません。

幸いトレーニングの参考にするためのランニング専門書は事務所に山のように蓄積されています。

そんな専門書をもう一度読み返しそのエッセンスを凝縮していく事で、自主トレメニューもSWAC四日市の練習会メニューも大幅なグレードアップにつなげていきたいものです!!

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、四日市ランニングの魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

関連記事

  1. 亀山・石水渓に練習会コースの下見ラン

  2. リンゴダイエット、「3日間で3.8キロ減量」と驚愕の数値でフィニッシュ…

  3. 「世界一伸びるストレッチ」をはじめました

  4. 400mインターバル走で分かった現状の自分の走力

  5. 疲労がピークに達したため、今日は1日オフモード

  6. 伊坂ダムにて体幹トレーニング「BCT」フルメニュ−2セットでがっつり体…

  7. 明日は名古屋ウィメンズマラソン本番ということで・・・

  8. ストレッチポールの4つのエクササイズで身体のゆがみを改善しよう

スポンサードリンク

TWITTER