200mインターバル後の素敵な偶然な出会いのおかげで気づいた自分の走りの欠点

2月も気がつけば残すところわずかとなりましたが、今月は長い距離を走る練習こそそれほどやっていないものの、インターバル走を中心にスピード練習だけを言えば1ヶ月を通して週2回実施できています。

昨年10月より座骨神経痛の痛みでほとんどスピード練習を実施できていなかった私にとって、これはかなり大きな前進で、徐々にではあるものの着実に調子が良かった時の自分の走力を取り戻せてきている気がしています。

ただどうも気になっているのがスピードを出そうと思って走っていても、どうもペースを上げきれない・・・言ってみますと身体の切れのようなものを感じることができないところ。

昨日はそんな悩みを解決する可能性の開ける、素晴らしい出会いがありました。

身体の切れをつくるべく200mインターバルを実施

da44d190-2b72-4ad8-a8d9-8c8ff01eec35

昨日は火曜日ということでセカンドウィンド四日市火曜夜練習会の前に、中央緑地公園陸上競技場にてトラック練習を実施することに。

練習メニューは先週金曜日に実施したばかりの200mインターバル走。

ここ最近どうも感じることができない身体の切れを少しでも取り戻すためには、かなり速めのペースで走ってみるのが一番・・・という単純な考えに基づいてのメニュー組み。

・・・だったのですが、いざウォーミングアップでジョグを始めてみると、走り出しから身体が重く、いつも以上に身体の切れを感じませんでした・・・

そんな状況ではあったものの、とりあえずウォーミングアップを終えて200mインターバルをスタートすることにしました。

いざ走り始めてみるとやはり身体はかなり重く、脚は早い動きでもつれ気味ときつくてきつくて仕方ない有様。

・・・だったのですが思いのほかペースは上がっていたようで、気がつけばキロ3分ペースに当たる36秒〜35秒で5本ほどを走りきていました。

ただ呼吸は200mのレスト時もゼイゼイハアハア、そして疾走を始めても相変わらず身体は全く切れを感じず、そのあとはさらに2本、合計7本を36秒で走り切った段階で完全に限界を感じてしまい、7本で200mインターバルは終了することとなってしまいました。

 

インターバル終了後ストレッチを実施していたところ

IMG_7472

「相変わらず身体の切れを全く感じられないな・・・」などと思いながら、インターバル終了後はいったん陸上競技場の外に出て、ここ最近のポイント練習後の習慣としている時間をかけてのストレッチを実施。

すると私と同じく陸上競技場で練習していらっしゃった見知らぬ方が、同じく競技場の外に出てこられて、こんな言葉をかけにきてくださいました。

「あなたの走りは脚が後ろに流れてしまっていて、地面の反発をうまく受けられない走りになってしまっている」

実はこの事は私が今日の走りで最も気になっていた点。

そこでストレッチを中止してさらにお話を聞かせていただく事にすると、スピードを出そうとしすぎてそり腰になっている点や腕振りが異常なほどかたくなってしまっている点など、自分がいまいち気づいていなかった欠点をズバリ指摘していただく事ができました。

そんな貴重な事を教えていただいている方にお会いしたのは昨日が初めてだったはずなのですが、お名前を聞いてみると、実は以前から一度お会いしたいと思っていた方。

・・・というわけで「今をまたとない機会!」と考えさらに教えを請わせていただくと、今の自分のフォームの欠点を改善するための動きづくりドリルやストレッチのやり方などまでじっくり教えていただき、本当に貴重な時間を過ごす事ができました!

 

動きづくりにもう少し力を入れよう

unnamed-2

・・・というわけで昨日は幸運な偶然のおかげで、ここ最近自分の走りに感じていたなんとも言えない「いまいち感」の理由がなんとなく掴めてきた気がしました。

昨日教えていただいた内容はかなり多岐にわたっていたのですが、早速実践しようと思った事は走り出す前の動きづくりドリルメニューの充実。

基本的に大の面倒臭がりである私、どうしてもウォーミングアップにかける時間が短くなってしまい、すぐに結構なペースで走り出したくなってしまいます。

ただそんな事を続けているからこそ故障ばかりしている事は間違いなく、また走力の伸び悩みを感じている事はほぼほぼ間違いのない事実。

そんな私の欠点をピンポイントで指摘していただいたのは、本当に幸運な事で、これをきっかけに何かを変えれなければ、自分の走りは間違いなく何も変わっていきません。

幸い昨日教えていただいたドリルは私が持っている青トレ: 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチリディアードのランニング・バイブル1人でできるスポーツマッサージ&ストレッチ ~「ゆるめる」+「ほぐす」+「伸ばす」 3ステップで疲労を回復 けがや痛みに効く! ~の3つの書籍に掲載されているものも多く、今日からすぐに練習前に実践できるものばかり。

今はまだ座骨神経痛も治りきっておらず万全の状態で走れない分、こうした動きづくりドリルなどでフォームを改善に時間をかけるには絶好のタイミング。

そう前向きにとらえて、今日よりは動きづくりドリルによるフォーム改善にも精力的に取り組んでいこうと思います!!

 

今日の記事で紹介させていただいた書籍

青トレ: 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ
原 晋 中野ジェームズ修一
徳間書店
売り上げランキング: 537
リディアードのランニング・バイブル
アーサー リディアード
大修館書店
売り上げランキング: 33,499

関連サイトはこちら

当ブログを運営するらんしすの活動を紹介したホームページはこちら

マラソンレースのためのアドバイスを掲載したSWAC三重サイトはこちら

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、四日市ランニングの魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

関連記事

  1. かもしかマラソンで1時間17分台を出すためのポイントを考えてみました

  2. SWAC四日市・伊坂ダム練習会にて「ガーミン ForeAthlete …

  3. 大井川マラソンコースの「リバティ」と「土のトラック」でスピード練習づく…

  4. お伊勢さんマラソンメイン会場の三重県営総合競技場・陸上トラックにて40…

  5. 石水渓コースでじっくりと脚づくりウォーク&ジョグ

  6. 「東京マラソン2015」本番のレースペースを考えてみました

  7. 「ミズノ ウェーブスペーサー ダイナ ワイド」マイジョグ・走り込み用ラ…

  8. 「ダニエルズのランニング・フォーミュラ」に見る福岡国際マラソンに出場す…

スポンサードリンク

TWITTER