まったくのノー給水でほぼサブスリーペースでの霞ヶ浦緑地公園30キロ走を実施することができました

フルマラソンで結果を出すために一番大切な事・・・と言えばやはり42.195キロという長丁場を走りきるためのスタミナ強化。

そのスタミナを強化するために一番確実な方法と言えば、やはり長い距離を走る事。

・・・なのですが現在まだ座骨神経痛が治りきっていない私、どうしても長い距離を走る練習を中暑してしまうところがあります。

そんな私ですが今日はセカンドウィンド四日市メンバーのおかげで、しっかりと負荷の高い走りこみ練習を実施する事ができました。

金曜日は久しぶりに200mインターバル

金曜日は四日市ランニング協会の金曜ナイトランの前に、中央緑地公園トリムコースにて久しぶりに200mx10本のインターバルを実施。

ここに来てだいぶペースを上げて走っても腰まわりに痛みがなくなってきてはいるのですが、絶対的なスピードが落ちてしまっている事は否めません。

好調時であればキロ3分ペースである36秒で10本をある程度の余裕を残して実施できていたような気がするのですが、金曜日に実施した際は1本か2本をなんとか37秒で走り切れただけで、あとは40秒前後がやっと。

200m走るスピードがそれほどフルマラソンに影響する事はないと言えばそれまでなのですが、走りのキレをよくするためにもう少しスピードを上げていきたいところではあります。

 

セカンドウィンド四日市にて今年2度目の霞ヶ浦緑地30キロ走

2dd36e73-bf5a-4be6-999f-4295093593e7

そして今日は霞ヶ浦緑地3.5キロのトリムコースを利用して、今年2度目のセカンドウィンド四日市30キロ走。

名古屋ウィメンズマラソンを控えるメンバーも多い私どものチームの女性メンバー向けに、本来であれば先週の日曜日に30キロ走を実施していただこうと思っていたのですが、先週はあいにくの悪天候・・・

そこで1週ずらして、今日30キロ走を実施する事にしたのですが、ここまでじっくりと走り込みができている女性メンバーが今のタイミングで負荷の高い30キロ走を実施しても、3週間後に迫ったウィメンズマラソンに向けて疲労を残してしまう可能性大。

そこで今日はペースは抑えめに時間をかけて30キロを走ってもらう事で、長い時間を走りきるための脚作りをしっかりと行いました。

 

私自身はほぼサブスリーペースで30キロ走をノー給水で実施

d500b538-6338-4a55-8646-410a989bdb22

そして私はと言いますと3月上旬にサブスリーを目指して走るメンバーの方と、キロ4分半設定で30キロ走をスタート。

早々にペースは上がってしまい、10キロ過ぎからは、ほぼサブスリーペースのキロ4分15秒前後のペースで30キロを走らせていただく事ができました。

座骨神経痛によると思われるお尻まわりの激痛は頻繁にあり、一人で走っていたなら早々にやめていたと思われる今日の30キロ走。

・・・でしたが来月にレースを控えるメンバーと時折会話を織り交ぜながら走れた事で、なんとか最後まで粘り切る走りができ、給水時間などを入れても2時間11分33秒で30キロを走り抜く事ができました。

さらに今回の30キロ走、私のみは無謀とも言えるノー給水で実施。

これはスピードはかなり衰えている現状で、それを補う自分の武器として「過酷な状況にあっても粘り抜く走り」を身につけるため、あえてノー給水30キロ走で身体を苛め抜くという、自分でもよくわからない理由ではありました・・・

案の定残り6キロほどになると、明らかに体に水分が不足している状態となり、呼吸は乱れていく一方という状況ではありましたが、メンバーの方のおかげで30キロを最後の最後までペースを落とす事なく走りきる事ができたのは大きな収穫でした!

 

そう言えば来週は犬山ハーフですが・・・

・・・という事で今日はセカンドウィンド四日市メンバーにある意味引っ張っていただいたおかげで、30キロ走をしっかり負荷の高い内容で実施する事ができたのですが、冷静に考えれば来週は犬山ハーフ。

レース1週間前からは疲労を残さないために10キロ以上は走らないというセオリーを全く無視した練習を実施してしまいました。

・・・があくまで自分が今シーズン本命レースとして結果を出したいのは5月15日の洞爺湖マラソン。

そう考えれば犬山ハーフの結果がどうあっても、それほど気にする必要はないと思っています。

それより今の自分が重要視すべきは、まず約3年前の洞爺湖マラソン時の好調時の自分の走力を一刻も早く取り戻す事。

そのためにまず今最優先すべきはスタミナ強化という事で、今日は本当にいい30キロ走となりました!!

関連サイトはこちら

当ブログを運営するらんしすの活動を紹介したホームページはこちら

マラソンレースのためのアドバイスを掲載したSWAC三重サイトはこちら

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、四日市ランニングの魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

関連記事

  1. スピードだけなら去年の好調時より速くなっている気がする今日この頃

  2. いよいよもって混迷を極める土山マラソンのレースプラン・・・

  3. 久しぶりの夜ロードジョグで痛感した暑さへの苦手意識を克服しよう!

  4. 究極のランニングストレッチメニューの完成を目指して、今日は1時間近くじ…

  5. 久しぶりのサブスリーを目標に「あいの土山マラソン」にエントリー!

  6. かもしかマラソン翌日は恒例の疲労抜きジョグで身体も気持ちもスッキリ

  7. 富双緑地公園で頭整理のための芝生クロカンジョグ

  8. 四日市ランニング協会「年忘れフルマラソン挑戦会」でサブ4組のペースメー…

スポンサードリンク

TWITTER