大阪国際女子マラソンでの福士加代子選手の走りに大きな刺激をいただきました!

先週日曜日の四日市総合駅伝・一般二部でアンカーの6区を走った後、ギックリ腰のような状態になり身体に全く力が入らない状態となりました。

さすがにそんな状態では走る事もできず、水曜日までは一切走る事のない生活を送っていました。

そして木曜日になってようやく腰の状態も良くなってきて、ゆっくりペースながらもランニングを復活する事にしました。

 

●スポンサードリンク
 

伊坂ダムコースにて24キロ走

57c2a321-beae-432a-85e0-f803b8886c8e

今日は伊坂ダムコースにてセカンドウィンド四日市の日曜練習会。

昨日の土曜練習会ではまだ腰に痛みが残っているうえ、睡眠不足だったようでまたまた身体に力が入らない状態になってしまいましたが、メンバーの方とキロ6分半前後のペースで2キロのジョグ+20キロ走。

かなり余裕のあるはずのペースで走っていたはずだったのですが、呼吸は早々に乱れ始め、きついきつい22キロとなってしまいました。

そんな昨日とは打って変わって、今日は練習会スタート時より足取りも軽く、キロ5分前後のペースで余裕を持ってメンバーの方々と走る事ができました。

そしてなんだかんだで余裕を保ったまま21キロ+3キロ超の約24キロを走って練習会は終了。

キロ5分より少しペースを上げると、やはり腰まわりに痛みが走る時もありましたが、ぎっくり腰状態および座骨神経痛の痛みはだいぶマシになった気がしました。

 

大阪国際女子マラソンでの福士選手の走りに感動

スクリーンショット 2016-01-31 16.53.32

大阪国際女子マラソン公式ホームページ

そして午後からはリオ五輪の日本代表選考も兼ねた大阪国際女子マラソンをテレビ観戦。

レース結果は福士加代子選手が25キロ過ぎから独走状態になり、日本陸連が定める派遣設定記録2時間22分30秒を上回る2時間22分17秒の記録で見事優勝。

2008年に出場した大阪国際女子マラソンにて4度の転倒の末ゴールした福士選手の姿は、当時の自分にとってかなりの衝撃だったようで、今も思い出せてしまうことがあるのですが、あの時の悔しさがあったからこそ今回の走りがあるんだろうな・・・とゴールが近づくにつれて目頭が熱くなるのを感じました。

さらに追い討ちをかけるように普段は冷静かつ細かすぎる解説が特徴の増田明美さんが、福士選手の苦しかった時期を知るからこその号泣解説・・・これによって思わず自分ももらい泣きしてしまいました。

 

1月も今日で終了。そして明日2月からは・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

早いもので気がつけばあっという間に今日で1月は終了。

1月は美濃加茂マラソンではここ3年でのハーフマラソンではワーストとも言える走りをして自信をなくすことになったうえ、その後は座骨神経痛の痛みが悪化傾向となり、腰に力が入らない状態になることも多くと、走るモチベーションもどんどん下がっていくこととなりました。

そんな状況で出た四日市総合駅伝では腰の状態が悪かったわりにはまずまずの走りができた直後に腰の状態が致命的に悪くなることとなりましたが、その後3日完全休養を取ったおかげもあってか、腰の状態もだいぶ良くなったのを感じて今日月末を迎えることとなりました。

そして1月も最後の最後に大阪国際女子マラソンでは福士加代子選手(および増田明美さん)に本当にいいものを見させていただいたおかげで、下がり続けていた走るモチベーションも大きく上昇しました!

そして明日からは2月がスタート。

そんな2月が目前に迫ったこの月末、自分自身にランニングに関することで、いくつかの大きな目標を設定することにしました。

そして明日よりはその大きな目標を達成するべく、本格的に始動していこうと考えています。

ここ最近はすっかりスタートダッシュに失敗し続けている月初ですが、明日よりの2月からは絶対にスタートダッシュを成功させることで、この1月中に立てた大きな目標の一つ一つを本気で達成すべくアクションを起こしていきたいものです!!

 
 

●スポンサードリンク



 

仲間とともに速くなる!

新規メンバー募集中!