三重県民の森にて70名近い幅広い年齢層のランナーが集まるクロカンイベントに参加

昨日はみのかもハーフできつい上り坂に苦しめられ、ここ最近すっかりおなじみになってきたレース後半の大失速をしてしまった私。

本来ならレース翌日は軽いジョグ程度の練習にとどめておくところなのですが、今日は祝日という事でここ最近すっかりいく頻度が増えてきている菰野町にて開催されるランニングイベントに向かう事となりました。

 

●スポンサードリンク
 

三重県民の森にてクロカンイベント

d77902a4-7a53-41b6-a603-95d268e0b630

今日はここ最近すっかりお世話になっている菰野町元実業団ランナーご夫婦が主催されるクロカン練習会が、三重県民の森にて開催されました。

セカンドウィンド四日市メンバーも7名が参加させていただいたイベントには、大人だけでなく小学生や中学生の子供たちも多く集まってきていて、かなり幅広い年齢層のランナーが参加されていました。

さらに桑名、川越、菰野、鈴鹿、そして四日市と幅広い地域から集まってと総勢は約70名ほど。

予想していたよりかなり多くのランナーが集まるにぎやかな雰囲気で、イベントはスタートする事となりました。

 

まずはウォーミングアップから

a0e47bfa-3909-4a65-9fb3-a5c4e8b7e3bd

今回のイベントではまずクロカントレーニングの練習効果などの簡単なレクチャーから。

クロカン練習は最近多くの実業団や大学駅伝チームが取り入れるところとなっていて、その重要さが注目され始めています。

ただ実際「クロカンをなぜ実施するのか?」「どのような効果が期待できるのか?」という事になると、多くの方が「?」となるところ。

まずはそんなクロカンの練習目的を参加者の皆さんが再認識するところから、練習はスタートしました。

その後は体操でウォーミングアップ。

今日実施されていたウォーミングアップは体幹トレーニングも兼ねた結構ハードな内容で、参加者の皆様しっかりと体幹に刺激を入れていました。

 

そして県民の森クロカンをスタート

4bc33ff9-9f4c-472d-aa2e-07a184b88bd9

そしてウォーミングアップを終了した後は、県民の森の不整地を利用したクロカン走。

グループは走力別に4つのグループに分かれて走ったのですが、私自身は中学生女子を中心とした2番手グループにてスタートしました。

思ったより昨日のみのかもハーフの疲れは感じず、足のバネを感じながら走る事ができたのですが、中学生の子供たちの若さ溢れる脚のバネには及ぶべくもありませんでした・・・

そんな中学生の子供たちに負けたくないと大人気なくむきになって途中まで走っていたのですが、途中からは疲れて脱落しそうな子供たちに声掛けしながら走る大人の走り(?)にシフトチェンジ。

・・・が何度走っても一向に覚えられない県民の森クロカンコース、途中では中学生の子供たちと一緒に道を迷いに迷い、あまりにも頼りない大人っぷりを披露してしまうことになりました・・・

そして約6キロほどを走って、私自身はクロカン走を終了。

子供たちはさらに2キロ、さらに大人の方でモチベーションの高い方はさらに1時間ほど、中には走り足りないからと東海自然歩道の山道に出て行く方もいらっしゃいました。

 

理想とするランニングコミュニティに向けて

・・・というわけで今日は幅広い年齢層のランナーが集まって、にぎやかな雰囲気の中クロカンイベントが開催されたわけですが、まず驚いたのは子供たちの走りっぷり。

今回のイベントに集まったのが強豪チームの子供達だったからというのもあるのですが、若さ溢れるバネはもちろん、フォームもしっかりできていて、アップダウンのきついはずの県民の森クロカンコースでもスイスイ走っている感じでした。

普段これだけ実力のある子供達と走れる機会はまずなく、一緒に走っていたセカンドウィンド四日市メンバーも多くの刺激をもらっていたようでした。

そして普段一緒に走ることのない他チームの大人ランナーの皆さんも本当にモチベーションが高く、会話をしているだけでも多くの刺激をいただくことができました。

そして今回のイベントで何より「いいな!」と思ったのが、走力や年齢に関係なく主催者・スタッフから参加者のランナーまでが、和気あいあいとしたとしたフラットな雰囲気であったところ。

自分がランニングチーム・セカンドウィンド四日市を立ち上げた当初よりずっと理想としていた、子供から大人まで、代表やコーチなども関係なくランニングを通じてフラットにつながるコミュニティづくりを目指すうえで、本当にいいヒントをいただけた気がしました。

今日は1月11日の鏡開きという事で、そろそろ2016年に向けた新たな動きに向けて本格的にアクションを起こしていきたいところ。

そんなタイミングで今後のアクションに向け、本当にいい気づきを得られるイベントに参加させていただく事ができました!!

 

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、四日市ランニングの魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

関連記事

  1. 「カラダの反応が劇的に変わる!動的ストレッチ」で本気の肉体改造をはじめ…

  2. リディアードのヒルトレーニング継続で衰えたスピードを取り戻そう!

  3. 肥満度を測定するBMIの数値より減量の必要性を再認識することに

  4. 40kmLSDで走力低下を痛感したという事で、5月からはあらゆる意味で…

  5. 再起に向けて早朝ジョグを再開・・・今度こそはとにかく長く長く継続しよう…

  6. 故リディアード氏の「Train, but don’t st…

  7. 3ヶ月半後の洞爺湖マラソンに向けて現状の自分の実力をチェックしてみまし…

  8. 今度こそ早朝ランを継続させるために3つのルールを設定する事に

スポンサードリンク

TWITTER