四日市ランニング協会「年忘れフルマラソン挑戦会」でサブ4組のペースメーカーを務めさせていただきました

今日は朝より四日市ランニング協会の「年忘れフルマラソン挑戦会」

このイベントは中央緑地公園2.015キロのトリムコースをひたすら周回し続け、42.195km完走を目指し続けて走り続けるという、肉体的にも精神的にもかなり過酷なイベント。

ペースランナーとして42.195kmを走ることになっていた私ですが、何よりの不安要素はここ最近悩み続ける座骨神経痛だったのですが・・・

 

●スポンサードリンク
 

今日のミッションは「サブ4目標グループ」のペースランナー

今日は中央緑地公園に7時半ごろ到着したのですが、エイドの用意をしたりなどしているうちにあっという間にスタートの9時となりました。

私の今回のイベントの役割は、参加者の皆さんのペースを引っ張るペースランナー。

当初の予定では昨日は3時間半切り目標のペースランナーとしてキロ5分で参加者の方を引っ張らせていただく予定だったのですが、走力のある方がペースランナーとして数名ご協力いただけるようになったため、サブ4目標の皆様のペースを先導する役割を急遽させていただくことになりました。

サブ4目標のペースというとおおよそキロ5分半目安のペース。

普段のジョグよりも遅いペースではあるものの、今日走るのは本当に久しぶりの42.195km、さらに座骨神経痛の症状を気にしながらということで、多くの不安を抱えながらのスタートとなりました。

 

キロ5分半ペースは結構快適

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

・・・と不安を抱えながらのスタートだったはずなのですが、キロ5分半ペースは走り始めてみると案外ペースもリズムも作りやすく、結構快適に走れることに気づきました。

加えて一緒のグループを走るランナーの皆さんは本当にいい方、そして前向きな方ばかり。

走っていてどんどん楽しくなってきて、途中何度もペースアップしかけましたが、なんとか抑えつつも気がつけばあっという間に30キロ地点を過ぎているという感じでした。

 

後半は脚こそ重かったものの・・・

今日の走りで心がけたのは、とにかく腰に負担がかからない上下動の少ない走り。

そんな走りの効果はじゅうぶんだったようで、42.195kmの道中の間、座骨神経痛の症状による痛みは全くなし。

ただ38キロ地点過ぎと、残り4キロになってからは、疲労が脚に溜まってきたからか脚が異常に重く、楽勝ペースだったはずが暗雲が立ち込めてくるのを感じました。

そんな状況ではあったものの、一緒に走っていた参加者の皆さんの走りに大きな力をいただいて、最後はむしろペースアップして42.195kmを無事完走!

ゴールタイムは3時間51分6秒と、設定タイムより早くなってしまったものの、個人的には十分及第点のタイムでペースランナーを務めさせていただくことができました!

 

最大の収穫は多くの地元ランナーの方々とつながれた事

座骨神経痛の痛みにより思うように距離を走り込めていなかった私ですが、昨日はセカンドウィンド四日市の練習会で24キロ、そして今日は42.105キロと十分な距離を走り込めたことは大きな収穫でした。

そして今日の走りより、座骨神経痛による痛みもだいぶ良くなってきている気配を感じ、2016年はかなりいいコンディションでスタートできそうな気がしてきました!

ただし今日ペースランナーを務めさせていただいたことの一番の収穫は、多くの地元ランナーの皆さんとつながり、いろいろなお話を聞かせていただけたこと。

2016年はランニングに関することで新たな取り組みを次々と仕掛けていこうと思っているのですが、何をするにしろ地元ランナーの皆さんから聞かせていただける話ほど、いいヒントをいただけるものはありません!

明日よりはそんないただいた多くのヒントをもとに、来年2016年に仕掛けるアクションをしっかりと具体化していきたいものです!!

 

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

四日市のランニングチーム・セカンドウィンド四日市(通称:SW四日市)代表。ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、チームの運営やインターネットの活用などを通じて、四日市ランニングの魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

仲間とともに速くなる!

新規メンバー募集中!