2015年最後のセカンドウィンド四日市練習会は20〜24キロ走

早いもので2015年も残すところあとわずかとなりましたが、座骨神経痛による症状は相変わらずで、なかなか思うように走れていません。

とは言うものの早朝練習はしっかり継続できていて、今日は久しぶりに20キロを超える長い距離を走ってみることにしたのですが・・・

 

●スポンサードリンク
 

2015年最後の練習会で24キロ走を実施

a98b392e-16b3-41aa-b15d-8ba282cb7d3f

今日はセカンドウィンド四日市2015年最後の練習会。

今日は土曜日ということで練習メニューは20〜24キロの距離走。

自分自身は明日のイベントでの練習の意味も込めて、キロ5分ペースのメンバーのペーサーとして24キロを走ることにしました。

なんだかんだで20キロ以上の距離を走るのは、きつく苦しい思い出しかないお伊勢さんマラソン・ハーフを走って以来。

そんな状況ではありましたが、どのあたりの距離で座骨神経痛による痛みが出るかを確認しつつ走ってみることにしました。

 

ノー給水で24キロ走を実施することに

・・・というわけでキロ5分ペースを維持して走り始めたわけですが、練習をそれほどしていないからか脚筋のバネはかなりいい感じで、それほど力を入れなくても楽にキロ5分ペースで走れているのを感じました。

時折腰まわりに痛みを感じなくもなかったのですが、走りに支障が出るほどでもなく、気がつけばあっという間に20キロ地点を通過。

私、それほど深い意味はないのですがメンバーのペーサートして走るときは全く給水を取らない習性があるのですが、今日も結局20キロ地点を過ぎてもノー給水。

それでも呼吸に乱れは全くなく、順調に走れていたため、22キロを過ぎたところで大幅にペースアップすることにしました。

 

最後の1キロはキロ4分までペースアップ

後ろを走るメンバーを引っ張りつつ、最後の2キロは徐々に徐々にペースを上げていくことに。

そして最後の1キロになるとさらにペースアップして、気がつけばキロ4分までペースアップ。

さすがに座骨神経痛の症状はかなり痛みましたが、最後の最後までペースを落とすことなく走りきって24キロ走を終了しました。

走り終わっても呼吸の乱れは全くなし。

早朝ランを継続している効果か、スタミナもだいぶ回復傾向にあるように感じて練習を終えれたことは大きな収穫でした!

 

そして明日はフルマラソン挑戦会

・・・というわけで2015年最後のセカンドウィンド四日市練習会は気持ち良くメンバーと24キロを走れて終了。

メンバーの皆さんもいい顔をして帰っていかれて、来年またお会いできることが楽しみで仕方なくなりました!

そして明日は四日市ランニング協会の2015年最終イベントとなる「年忘れフルマラソン挑戦会」。

四日市ランニング強化・年忘れフルマラソン挑戦会について詳しくはこちら

一応明日もペーサーを務めさせていただくこととなる私、ペースがどのペースになるかはまだ不確定なところがあるのですが、いずれにせよ明日は11月1日に走った土山マラソン以来の42.195km。

土山マラソンで大失速を経験した私、多少なりとも明日のペーサーに不安がないわけではありません。

ただ明日のフルマラソンが終われば、しばらくはイベントや練習会もなく十分に休養も取れることを念頭に置いて、明日はしっかりと42.195キロを走りきって2015年を笑顔で締めくくっていきたいものです!!

 

 

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

四日市のランニングチーム・セカンドウィンド四日市(通称:SW四日市)代表。ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、チームの運営やインターネットの活用などを通じて、四日市ランニングの魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

仲間とともに速くなる!

新規メンバー募集中!