終始苦しい走りを強いられたわりには全く結果が伴わなかったお伊勢さんマラソン

昨日は2015年本命レースと位置付けていたお伊勢さんマラソンに出場させていただきました。

例年とコースが少し変わってアップダウンがあるとは言うもののかもしかマラソンや土山マラソンに比べればはるかに走りやすいコース、加えて気温も暑すぎず寒すぎずと絶好のコンディションの中でのレースでしたが・・・

 

●スポンサードリンク



 

6時半に会場入り

例年早朝に四日市を出発して出場していたお伊勢さんマラソンですが、今年は毎年スタッフとして参加させていただいているお伊勢さんウォーク終了後、そのまま伊勢市駅近辺の旅館で宿泊。

そしてお伊勢さんマラソン当日は朝6時半には大会会場に到着と、万全の体制で臨む事にしました。

ただ計算外だったのは当日早朝より電車に乗って大会会場に向かっていたセカンドウィンド四日市メンバーが、途中のシャトルバスでかなりの交通渋滞に巻き込まれた事で、大幅に到着が遅れてしまった事。

そんなこんなでバタバタしてしまい、気がつけばスタート30分前になってしまっていて、アップもろくにできないままスタート地点に向かう事となりました。

 

スタート直後から身体が異常に重く・・・

そんな交通渋滞による影響で多くの方がギリギリスタート時間に間に合う状況だったお伊勢さんマラソン・ハーフの部は、結局予定通りに9時10分にスタートしました。

スタートしてすぐに気付いたのが身体がなぜか異常に重く、脚のバネを全く感じられない状態であるという事。

「アップが足らなかったのかな・・・」と思いつつ、「そのうち温まってくるだろう」と思いながら走っていたのですが、2キロ地点あたりを過ぎても全く脚のバネが感じられず、無理やりペースを上げようとしているうちに呼吸はみるみる乱れていくのを感じました。

 

伊勢自動車道に入った段階で呼吸はあっぷあっぷ・・・

そして今大会の一番のポイントである伊勢自動車道に入る段階ですでに呼吸は乱れに乱れ、そして伊勢自動車道に入った後すぐにあった上り坂では脚が鉛のように重く、さらに呼吸は乱れる始末。

こんな状態でいつまで走れるか不安ばかりが募る中、伊勢自動車道を降りた後からは、どうにも力が入らず一度ペースダウンを余儀なくされてしまいました。

 

おはらい町を過ぎたあたりから無理やりペースアップ

そんな苦しい走りを続ける中でしたが、考えてみると2015年のレースは途中で心折れて諦めてしまったものばかり。

今回のレースでまた同じ事をしてしまっていては、2016年に向けて何もいい材料もなく2015年レースシーズンを終えてしまう事になります。

それだけはどうしても避けなければならないと、まだ10キロ地点にも到達していないおはらい町を経過したあたりで気持ちを無理やり高め、呼吸の乱れは相変わらずの中、意地のペースアップ。

ここからは前行くランナーを抜く事はあっても、抜かれる事はほとんどありませんでした。

ただ呼吸は相変わらず乱れっぱなし、しかもかなり苦痛に満ちた表情で走っていたようで、ボランティアの方や沿道の方からは「苦しかったらペース落としな・・・」「あの人大丈夫かな・・・」と同情に満ちた声援を送られている始末でした。

 

最後の最後まで大きな失速なくフィニッシュしたものの・・・

23f10a35-4b6a-4833-916f-08f43c35fbf8

そんなスタートからゴールまで終始呼吸は乱れっぱなし、脚も最後まで思うように動かない状況でしたが、とにかく粘りに粘って気力のみで、残すところ後1キロ地点まで到着。

ただ残り1キロからはきつい向かい風も吹いていて、最後の最後に何度も心折れそうになりました。

それでもタイムも順位も間違いなく満足いく結果が得られないであろうこのレースで、せめて最後の最後まで苦しい中粘り切れたという自信だけはつけておこうと、最後の1キロは無理やりさらにペースアップ。

そして最後の直線はさらにスパートをかけてゴールタイムは1時間22分19秒。

そんなきつい思いをしながら終始持てる力を出し切ったつもりでも、タイム的には去年より2分半近く遅く、順位も去年の30代の部4位入賞には程遠い40代12位の結果にゴール後はかなりがっくりきてしまいました。

 

今回の悔しさは2016年に絶対に晴らそう

・・・というわけで2015年の本命レースとして位置付けていたお伊勢さんマラソン、終始苦しい走りを強いられたわりには、結果は全く伴わずと残念な結果に終わってしまいました。

結局2015年に出場したレースは全部いまいちの結果と、正直ゴール後は死ぬほど悔しく、「この1年自分は一体何をやっていたんだ・・・」とかなり凹んでしまっていました。

ただ本当に苦しいレース展開の中、調子が良かった時の自分に最も欠けていた最後の最後まで諦めずに粘り切る走りができた事は、2016年に向けてわずかながらの光であるように感じました。

とは言っても今回のお伊勢さんマラソンの結果はやはりかなり悔しく、かならず来年2016年シーズンはこの悔しさを晴らさなければなりません。

今回のレースが苦しいものとなった要因は自分自身でもかなりわかっているところではあるので、今後は今回の反省を存分に活かして、2016年シーズンに備えていきたいと思います!!

 

 

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、四日市ランニングの魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

関連記事

  1. 「No.1メンタルトレーニング」を参考に洞爺湖マラソンの目標を設定する…

  2. かもしかマラソン2日前は大羽根公園→椿神社コースにて少しきつめのジョグ…

  3. 今日もラン休日にして身体のメンテナンス集中デーにする事にしました

  4. 今日は8月8日という事で「らんしす」7年目の活動がスタート

  5. 足裏を故障中にもかかわらず、はりきって30キロ走を実施した結果・・・

  6. セカンドウィンド四日市のチームサイトを探したい情報がより見つけやすいサ…

  7. 「萬古まつり」へ走って見学に行ってきました

  8. 峠走に最適の石水渓はゆっくり走っても結構きついコース

スポンサードリンク

TWITTER