「ミズノ ウェーブクルーズ」で400mインターバルを実施して芽生えはじめた悩み

2015年本命レースと位置づけているお伊勢さんマラソンまで、残すところ10日ほどとなりましたが、座骨神経痛による痛みはよくなったりわるくなったり・・・

そんな状況ではあるものの、少しでもお伊勢さんマラソンでいい結果が出る可能性を残すべく、今日も夕方、中央緑地公園陸上競技場トラックにて自主練を実施する事にしました。

 

●スポンサードリンク



 

今日のメニューも400mインターバル

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日の自主練メニューはおとついの水曜日に実施したばかりの400mインターバル走。

速く走っても、長く走っても座骨神経痛による痛みが出てしまう事を考えると、速いペースで走る事にはなるものの、短い距離で区切る事のできる400mインターバル走が、現状の自分にできるベストのポイント練習のような気がしています。

 

今日のシューズは「ミズノ ウェーブクルーズ」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日のインターバル走はここ最近のスピード練習用シューズ「アディダス 匠 レン」ではなく、自分が現在所有しているシューズの中で最軽量のランニングシューズ「ミズノ ウェーブクルーズ」で実施する事に。

・・・と言いますのもここ最近スピード練習のみならず、レースでも使用してきた「アディダス 匠 レン」、ここ最近はそのシューズの重さが少し気になりはじめていて、思うようにスピードがあげられなくなった気がしていたからです。

そこでクッション性の弱さは気になるものの、ペースを上げて走りやすい「ミズノ ウェーブクルーズ」で走った時、どれくらい間隔が違うのか確認してみる事にしました。

 

「ミズノ ウェーブクルーズ」の方がやはりスピードは出しやすい

・・・というわけでスタートした400mインターバル走。

いざ1本目を走ってみると、やはり「ミズノ ウェーブクルーズ」の方がスピードは断然出しやすく、それほど頑張って走った覚えがなくても1分20秒と、一昨日の水曜日にだいぶ頑張って出したような気がするペースが軽く出せた気がしました。

今日は前回に比べると座骨神経痛による痛みも少しきつく、思うように推進力を生むお尻まわりの筋肉が使えていない走りで、このペースで走れたことを考えると、ペースを上げて走るなら「ミズノ ウェーブクルーズ」の方が優秀であることはどうやら間違いなさそうです。

そしてその後も安定して1分20秒を維持して6本目までを終えて、最後の1本は1分15秒までペースを上げてフィニッシュ。

水曜日に実施した時よりは、だいぶ手応えを感じるインターバル走を実施することができました!

 

ただしクッション性のなさは気になるところ・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして自主練終了後は四日市ランニング協会で開催の「マラソンラボ四日市」に参加。

自主練では前回よりだいぶ質の高い練習ができたのですが、その後はあきらかに座骨神経痛の痛みがひどくなってきて、少し走るだけでも激痛が走る時もありました。

その要因として自主練でペースを上げて走ったからということもあると思うのですが、それ以上に気になったのが「ミズノ ウェーブクルーズ」のクッション性のなさ。

前に走り進めるごとに、着地衝撃をもろに腰にも受けている感覚がありました。

 

お伊勢さんマラソンでのレースシューズをどうしよう?

今日は400mx7本と走る距離自体が少なかったため、それほど深刻な痛みにはなりませんでしたが、ハーフマラソンという長い距離を「ミズノ ウェーブクルーズ」で走りきれるかと言えばかなりの不安要素。

・・・とは言うものの、ただでさえ練習が思うようにできていない現状では、少しでもスピードを出しやすいシューズで走りたいというのも事実だったりします。

スピードを上げやすいシューズで走るか、腰への衝撃を抑えられるクッション性の高いシューズで走るべきか・・・これからお伊勢さんマラソン当日までは、勝負シューズをどうするかが大きな悩みとなりそうな気配です。

 

 

仲間とともに速くなる!

新規メンバー募集中!