リディアード式マラソンコンディショニングトレーニングでスタミナを効果的に強化しよう!

2015年の本命レースと位置付けていたお伊勢さんマラソンまで残り1ヶ月を切って、昨日より本格的に自主練を再開する事にしました。

ただここ2年以上全くと言っていいほど結果らしい結果が出ていない私、ここは一度練習内容について大幅な見直しを図る必要を感じ、ある書籍をひも解く事にしました。

●スポンサードリンク
 

ランニング界最大の名著「リディアード ランニング・バイブル」

リディアードのランニング・バイブル

トレーニング内容の見直していくうえで、まっ先に読むべきと考えた書籍は「リディアードのランニング・バイブル」。

この書籍の著者である故アーサー・リディアード氏は多くのオリンピックメダリストの指導に携わり「世界最高の中・長距離コーチ」とまで言われた人物。

そのリディアード氏の書籍の中でも代表作といえる「リディアードのランニング・バイブル」はあの瀬古利彦さんを育てた中村清監督や高橋尚子さんを育てた小出義雄監督をはじめ、今も多くのランニング指導者が大きな影響を受けており、数多くあるランニング専門書の中でも名著中の名著として知られています。

これから原点に立ち返って一から練習内容を見直していくうえで、まずこの書籍の教えを避けて通る事はできないと考え、早速読み込んでいく事にしました。

 

まずはマラソンコンディショニングトレーニング

この書籍でまず最初に取り組むべき練習内容となるのが「マラソンコンディショニングトレーニング」

リディアード氏の教えでまず最初に強化すべきは長い距離を走りきるために必要な有酸素能力。

まず最初に有酸素能力を強化する事で、マラソンを走りきるためのスタミナの土台をつくったうえで、スピードの強化など次のステップにつなげていきます。

その有酸素運動能力を強化するためにリディアード氏が推奨しているのは「走り終えたとき、心地よく疲れてはいるが、走ろうと思えばもう少し長く走れる、あるいはもう少し速く走れたと感じるペース」を維持して走るマラソンコンディショニングトレーニング。

言い換えるとマラソンコンディショニングトレーニングで走るペースは、ゆっくり走るジョギングに比べると速いペースだけど、インターバル走やペース走などのスピード練習で走るペースに比べると余裕のあるペース。

毎日実施するとなると、それなりに身体に負荷のかかる練習方法と言えます。

書籍ではそんな少しきつめのトレーニングを週160キロ実施したときに、最も効率よくスタミナをつけると書かれています。

ちなみにこの160キロには疲労抜きなどを目的とするジョギングで走る距離は入っていません。

そう考えるとジョギング込みで考えれば、月間で700キロ近く走らないといけない事になりますが、この数字は私も含め市民ランナーにはかなりきつい数字と言えそうです・・・

 

ここ最近の失敗レースの要因のほとんどはスタミナ不足

そんなマラソンコンディショニングトレーニングの章を読んだ後に、自分自身のここ最近のレースでの失敗要因を振り返ってみると、ほとんどと言いますかほぼ全部のレースにおいてスタミナ不足が大きな要因となっています。

たしかにここ最近は故障などを抱えた状態でレースに出場する事が多く、それも要因の一つである事はまちがいありませんが、最終的にはレース後半の失速が大きくゴールタイムを遅らせている事を思い出しました。

そう考えると今の自分がまず強化すべきは、やはりスタミナ強化。

そのスタミナ強化のために最も効果的とあのリディアード氏が推奨するマラソンコンディショニングトレーニング。

今のこのタイミングこそまさに実施するべきトレーニングであるような気がしてきました。

 

マラソンコンディショニングトレーニングをスタート

というわけで昨日の夜は早速マラソンコンディショニングトレーニングをスタートすべく、15キロの距離をキロ4分前後の速いペースで走りました。

久しぶりに自主練を復活、そして座骨神経痛の痛みは相変わらずの状態で走り始めこそかなりきつかったものの、後半にかけては徐々に身体も軽くなってきていい感じでペースを維持して走る事ができました。

・・・とは言っても走り終わった後には結構な疲労感が残り、それなりに充実した練習ができた気がしました。

 

マラソンコンディショニングトレーニング週80キロを目指そう

そんなマラソンコンディショニングトレーニング、書籍では週160キロ走ると書かれていますが、単なる一庶民にしか過ぎない私、さらに座骨神経痛を抱える今の現状で、昨日の夜のペースを維持して週160キロ走り続けるというのはかなり無理があります。

そこでまず今週目指すのは半分の週80キロのマラソンコンディショニングトレーニング。

足りない半分の80キロについては別の対策を打つとして、まず今週、来週はこの80キロのマラソンコンディショニングトレーニングを目標に、日々の練習メニューを組み立てていこうと思います!!

 

今回の記事で参考にさせていただいた書籍

リディアードのランニング・バイブル
アーサー リディアード
大修館書店
売り上げランキング: 26,601

 

仲間とともに速くなる!

新規メンバー募集中!