箱根駅伝優勝候補の筆頭青山学院大学が実施する「青トレ」をやってみました!

土山マラソンでフルマラソンを走ってから4日が経ったということで、今日よりは本格的に自主練を復活。

そして早速朝練を実施しようと5時半に起床したのですが、座骨神経痛の痛みで走るのをちゅうちょしてしまっていたところ、まさかの二度寝・・・

昨日の気合いは一体何だったのかと自分で問いたくなる一日のスタートとなってしまいましたが、気を取り直して朝より一冊の本を読み込むことにしました。

 

●スポンサードリンク
 

箱根駅伝優勝校を育てた青トレを研究することにしました

青トレ: 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ

 

起床して早速開いた書籍は、先日購入したばかりの青トレ: 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ

この書籍には今年の箱根駅伝で驚異的な新記録で初優勝し、来年の箱根駅伝においても優勝候補の筆頭格に挙げられている青山学院大学が実施しているフィジカルトレーニング「青トレ」が紹介されています。

青山学院大学はこの「青トレ」を実施することで、フォームの改善、故障の激減などの効果を得ることができ、特に今年の箱根駅伝5区で驚異的な走りで新山の神とまで呼ばれるようになった神野大地選手を育てることとなりました。

故障の激減、上り坂の克服は今の私にとって至上命題とも言えるキーワード。

・・・というわけで早速細かく内容を見ていくことにしました。

 

サブトレーニングを幅広く網羅した内容

まずは本全般をざっくり目を通してみると、大まかな内容として「体幹トレーニング」「ストレッチ」「筋弛緩法」「セルフモビライゼーション」の4つに分かれています。

この4つだけを実施するだけで、マラソンにおけるランニング以外のサブトレーニングは十分網羅できる内容。

ここ最近故障しがちな自分が今後故障を予防していくうえで重要なメニューが、多く掲載されていることはどうやら間違いなさそうです!

 

青トレのストレッチと体幹トレーニングを早速実施

・・・というわけで早速体幹トレーニング(書籍ではコアトレーニングの名で掲載)、ストレッチを実施してみることにしたのですが、特にストレッチにおいてはまさしくマラソンのためのストレッチと言える内容で、ピンポイントで自分がランニングの時によく使う筋肉をしっかりと伸ばせている感覚がありました。

また座骨神経痛の要因となっている梨状筋をしっかりと伸ばせるストレッチメニューもありと、まさしく今の自分が最も望んでいたストレッチメニューが掲載されていました!

また体幹トレーニングにおいては腹筋の奥側にあるインナーマッスルを動かすところからスタートして、アウターマッスルに及ぶ、実施するメニューの順序に特に意味があることが書かれていました。

そして実際に実施してみると、今まで以上にインナーマッスルを意識した効果的な体幹トレーニングにつながっていくのを実感することができました!

 

筋弛緩法とセルフモビライゼーションもじっくりやる価値あり

そして青トレ: 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチには「筋弛緩法」と「セルフモビライゼーション」というあまり聞きなれないトレーニング方法についても紹介されています。

青トレを開発されたフィジカルトレーナー中野ジェームズ修一さんは、卓球の福原愛選手やテニスのクルム伊達公子せんしゅなどの多くのトップアスリートを育てた超一流のパーソナルトレーナー。

ストレッチポールの有効活用を目指すJCCA(日本コアコンディショニング協会)が普及を目指すコアコンディショニングを活用するトレーナーとしても知られています。

スクリーンショット 2015-11-05 23.18.28

JCCAホームページはこちら

そのことも関係あってか「筋弛緩法」と「セルフモビライゼーション」の2つには、今まで自分がストレッチポールに乗って実施していたメニューに近いものも多くありました。

先日私が整体で身体を見ていただいた時に、大きな欠点として言われたのが、いつも筋肉が緊張状態にあるということ。

そこで特に「筋弛緩法」についてはじっくり学ぶことで、いつも緊張状態にある筋肉をリラックスさせる術を身につけていきたいと思っています。

 

積極的に青トレを実施して故障を減らそう!

・・・というわけで今日はひととおり青トレのメニューを実施してみたのですが、続けて実施していけば間違いなく今の自分にとって大切な故障予防につながる気がしました。

特にストレッチメニューは座骨神経痛にもかなりの効果が期待できそうで、毎日定期的に実施する価値は十分ありそうです!

今日は結局まさかのノーランデーになってしまいましたが、その分青トレをじっくり実施できたということで、明日よりはより正確なやり方をマスターしていくことで、身体のコンディションをベストの状態に持っていきたいものです!!

 

今回参考にさせていただいた書籍

青トレ: 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ
原 晋 中野ジェームズ修一
徳間書店
売り上げランキング: 844

 

 

 

仲間とともに速くなる!

新規メンバー募集中!