土山マラソンで目標のサブスリーを達成できなかった要因を振り返り

後半大失速してしまい失敗レースとなった今シーズン初フルマラソン・土山マラソンから一夜明けた今日。

朝から大いに脚にダメージが残るのを感じながら、昨日のレースを振り返ってみる事にしました。

 

●スポンサードリンク



 

失敗要因1.身体のメンテナンスを怠ってきたツケが・・・

IMG_7411

今日の午前中は先週より定期的に通う事に決めた「カン整体接骨院」さんへ。

通う事となった最初のきっかけは座骨神経痛でしたが、どういうわけか土山マラソンが終わると、座骨神経痛の痛みは不思議なほどおさまっていました。

ただ前回施術を行っていただいたときに、「身体中の筋肉全体がガチガチに固まっていて、今のうちにほぐしておかないと、さらに大きな怪我をしてもおかしくない状況」というお話をいただいた事で、練習でカチコチになった筋肉を定期的にほぐしていただく事に決めました。

自分が今回の土山マラソンで失敗レースに終わった大きな要因の一つになったと思っているのが、この身体のメンテナンスを怠ってきた事。

ここ2〜3年、故障という故障を繰り返していたにもかかわらず、たいしたメンテナンスも行わず、怪我をしては練習をやめ、治ってはまた走り続けるというサイクルを繰り返してしまっていました。

今回の土山マラソン前に悩まされる事なった座骨神経痛についても、身体のメンテナンスを日頃からしっかり行っていれば避けられた可能性は高く、レース直前の1〜2週間も十分な練習をする事もできたはず。

結局のところ今回の土山マラソンでの大失速の要因は、今まで身体のメンテナンスを怠ってきたツケが、今頃になってまわってきた事から始まっているように思っています。

 

失敗要因2.やはり走り込み不足はフルマラソンにおいては致命傷

IMG_7412

今日の夜は、レース翌日恒例としている疲労抜きジョグ。

いつもは気持ち良く走れるレース翌日ジョグなのですが、今回は太もも前あたりを中心に今まで経験した事がないほどかなり激しい筋肉痛。

当然脚は思うように動かず、なんとか5キロ前後の距離をゆっくりペースで走りきるのがやっとの状態。

いかに今回のフルマラソンに向けて、走り込みが不十分であったかを思い知らされる事となりました。

今までの経験から言ってもハーフマラソンまでならある程度走り込みが不足していても勢いで押し切れた事もあるのですが、フルマラソンは本当にごまかしがきかず、しっかりと走りこんでおかない限りは絶対に結果にはつながりません。

今回走り込みが十分行えなかった一番の要因は、度重なる故障によるところが多く、結局のところやはり身体のメンテナンスを怠ってきた事が、今回の土山マラソンのみならず、ここ最近のレースに失敗レースが多い大きな要因となっている事は間違いなさそうです。

 

失敗要因3.気持ちが守りに入っては絶対にダメ

そして今回レース運びの中での一番の反省点は、25キロ過ぎまで良い感じのペースで走り進めておきながら、25キロを過ぎたあたりで守りの気持ちが芽生えてしまった事。

「座骨神経痛の痛みがいつ再発するかわからないため、前半のうちに貯金を作っておこう」と考えた事が、目標ペースキロ4分15秒を15秒から30秒近く速いペースで前半つっこんだ大きなきっかけとなりました。

・・・が25キロ過ぎ付近で、目標としていたサブスリーを狙う上では十分な貯金ができた事に気づき、ここで腰を少しでもかばう事を意識して、意図的にペースを少し落としてしまいました。

結果今回の土山マラソンでは脚がつりまくった事が大失速の一番の要因となったのですが、つっていたのは太ももの前側とブレーキをかけるための筋肉。

おそらくなのですが25キロ過ぎに守りの気持ちになってペースを落とすべくブレーキをかけた走りになってしまった事で、太ももの前側の大腿四頭筋あたりを酷使する走りになってしまったのが、脚がつりまくる大きな要因になったと思っています。

またその後も、リタイアだけは避けようとスローペースでの走りを続けた事で、余計に脚に疲労がたまってしまい、さらに脚が動かなくなってしまったのですが、これも結局守りの気持ちを持ってしまった事が大きな要因となったと思っています。

 

反省点は次のお伊勢さんで絶対に生かそう!

・・・というわけで自分なりに土山マラソンで後半の大失速、そして目標のサブスリーに7分近く遅れてしまった要因について考えてみたわけですが、何より言える事は根本的にマラソンに対する向き合い方を変えていかないと、これからも同じ失敗を繰り返してしまう可能性が高いという事。

かもしか、土山マラソンと2連続で満足いく結果が出せなかった事で、ようやく根本的に自分のやり方を変えていく必要性を強く感じる事となりました。

そして次回のレースはもとより今シーズンの本命レースと位置付けていた12月6日(日)の「お伊勢さんマラソン」

このお伊勢さんマラソンでは、ここまで繰り返してきた失敗を絶対に生かして、次回こそは必ず自分の満足いく走り、そして結果につなげていきたいものです!!

 

実施したトレーニングメニュー

自主練

5キロ疲労抜きジョグ

 

11月の月間走行距離

11月の走行距離

自主練・・・47km

 

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、四日市ランニングの魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

関連記事

  1. 「No.1メンタルトレーニング」で強いランナーになるための心をつくろう…

  2. 月間走行距離400キロをかろうじて突破した8月を振り返る

  3. 久しぶりに富双緑地公園の濡れた芝生の上で裸足ジョグ

  4. 垂坂公園・冒険の山道コースで朝から刺激入れ12キロジョグ

  5. 風呂上がりの身体メンテナンスを習慣づけよう

  6. 11月は腰痛スタートでトレーニングも不調・・・

  7. 自分のランニングを大きく変えてくれた金哲彦さんの書籍

  8. まずはSWAC四日市の土台をしっかりと作り上げていこう

スポンサードリンク

TWITTER