今シーズン初フルの「あいの土山マラソン」は後半大失速で目標のサブスリーに7分程足りず・・・

今日は滋賀県甲賀市にて開催されました「あいの土山マラソン」に参加させていただきました。

今シーズン初フルマラソンとなった土山マラソン、当初最大の敵になると思っていたのは座骨神経痛によるお尻まわりの痛みでしたが、結局のところレース直前になってにわかに芽生え始めていた不安が最大の敵となって襲いかかってくることとなりました。

 

●スポンサードリンク
 

大会会場入りはパーフェクトなまでにスムーズに

今日は朝6時半に四日市を出発して、あいの土山マラソン会場となる滋賀県甲賀市に向かいました。

道中はほとんど先行く車もなく、1時間足らずで会場に到着。

しかも駐車場も大会のメイン会場近く、さらにセカンドウィンド四日市の集合場所もスタート地点の近くに取れてと幸先の良いスタートとなりました。

 

少しオーバーペース気味にスタート

そしてレースは10時半と、フルマラソンレースにしては少し遅めのスタート。

ウォーミングアップのジョグの段階で座骨神経痛の痛みはほとんど感じなかった事で、目標は当初より予定していたサブスリー狙いで確定していました。

そしてスタートの号砲が鳴ると、早速4分15秒ペースを意識しながら走り始めたつもりだったのですが、2キロを通過した時点で通過タイムは8分ジャストとキロ4分ペースとオーバーペース気味に走っていました。

この事に気付いて一旦ペースを落としたのですが、5キロ地点付近のエイドで給水を取ると、なぜか気持ちにスイッチが入ってしまい、自分でも原因不明のペースアップ。

5キロ地点過ぎからはキロ4分を目安としたペースで、前を行くランナーをスイスイと抜きながら走り進めていく事となりました。

 

ハーフ地点は1時間23分台で通過

5キロ地点を過ぎてしばらくすると見えてくるのが、コース最大の絶景ポイントと言える青土ダム。

この青土ダム付近はゆるやかなアップダウンが続き、自分にとっては走りのリズムを作りやすい絶好の状況。

ここでさらにペーアアップしてキロ3分45秒〜50秒近くまでペースは上がってしまっていました。

そして青土ダムを通過した後は、キツイ登り坂などもありながらそれほど大きな失速にはつながらず、いい感じでペースを維持できていて、ハーフ地点を過ぎたところでの通過タイムは1時間23分19秒前後と予定よりだいぶ速いペース。

ただし呼吸はまだまだ楽で、脚もよく動いていたため、あわよくば2時間50分台狙いとの欲が出てきてしまっていました。

 

30キロ地点付近に向け芽生えてきた不安

そんな順調なペースで走ってはいたものの、気になっていたのは座骨神経痛によるお尻まわりの痛み。

レース中は神経が過敏になるからか、いろいろなところが痛くなったり、違和感を感じたりするのですが、25キロ過ぎになると急にお尻まわりに違和感があるな不安を感じ始め、それをかばうために少しペースダウン。

それでも30キロ地点を通過した時点でのタイムは2時間2分近くと、サブスリーを狙うのであれば十分な貯金ができた状態に。

ここでさらに腰の負担を減らすべく、さらにペースダウンしてしまった事が、その後のレース展開を大きく左右する事となりました。

 

脚がつり続けて大失速に・・・

30キロ過ぎでペースダウンをした際に、ブレーキをかけてしまったからか、太ももの前側が少し痺れる感覚がありました。

その感覚は走れば走るほどキツイものになり、最終的にはピキーンと電流が走ったように感じたと思ったら脚がつってしまっていました。

そこで立ち止まると、今度は座骨神経痛で痛みのあるお尻まわりの筋肉が硬くなる感覚があり、その後は脚のバネが全く使えない状態に。

結果としてストライドは全く伸びず、また脚がまたつるのが怖くて、ちょこまかした走りしかできなくなってしまい、大幅な失速につながってしまいました。

そんな脚をかばいながらの走りでも脚がつる状態は何度も続いて、さらにつったときに立ち止まると、脚はさらに動かなくなるという悪循環に。

結果として失速の度合いはどんどん酷いものとなって、特に35キロ過ぎからは面白いように後から来るランナーの方に抜かれる我慢我慢の走りとなりました。

 

最後の最後は意地だけでフィニッシュ

そんな我慢の走りは結局30キロ地点からゴールまで約12キロにわたって全くよくなる気配もなし・・・

途中収容バスが横を通過しようとしたときに、思わず乗せてもらおうと手をあげそうになりましたが、何とかこらえて最後まで走りきる事を選択。

そんな状況であったため時計を見る余裕など全くなく、ようやく40キロ地点になって時計を見てみると、まだまさかの2時間台。

レース前半の貯金が生きていた事にようやく気付いて、ここからは少しだけペースアップ。

そして残りの2キロちょっとは意地だけでペースを上げ続け、最後はいろいろな意味での苦笑いとともにゴール。

レース結果は3時間7分48秒と、目標のサブスリーには到達できませんでしたが、あれだけ失速した事を思えば十分納得できるタイム。

こうして私の今シーズン初戦となった土山マラソンは幕を閉じる事となりました。

 

レースの総括はまた後日

今回の土山マラソンでは当初の目標であったサブスリーは達成できませんでしたが、多くの事を学び、経験できる収穫の多い大会となりました。

そんな土山マラソンのレースの総括はできるだけ早い段階でしたほうがいい事は分かっているのですが、今日はもう疲れているので、明日じっくりと、今日のレースの振り返り、そして今回の経験をどう生かしていくかについて考えていきたいと思います!!

 

実施したトレーニングメニュー

レース

土山マラソン・フルマラソン

 

11月の月間走行距離

11月の走行距離

自主練・・・42km

 

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、四日市ランニングの魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

関連記事

  1. 四日市ランニング協議会・木曜練習会でゆるゆるジョグ

  2. 南部丘陵公園にて体幹トレーニングの代わりにファルトレク

  3. 本来なら身体に刺激を入れたいレース直前期の水曜日でしたが・・・

  4. トレーニングについては消化不良としか言いようのなかった1月を振り返りま…

  5. 中央緑地公園トラックで3km+2km+1kmインターバル

  6. 「四日市スポーツランド・10キロコース」でかなりアップダウンのきついロ…

  7. お伊勢さんマラソンまで残り1ヶ月ということでトレーニングプランを考えて…

  8. 明日2月11日(水・祝)は四日市ランニング協議会・30キロ走ですが

スポンサードリンク

TWITTER