人生初整体で感じたランニングにおけるメンテナンスの重要性

今シーズン最初のフルマラソン・土山マラソンまで残り1週間を切ったにもかかわらず、座骨神経痛が原因と思われる右お尻まわりの痛みは相変わらずでまともに走れそうな気配なし・・・

そこで走り始めて今まで一度も行ったことがなかった、あるところに行くことにしました。

 

●スポンサードリンク



 

人生初の整体へ行ってまいりました

ここ2〜3年故障ばかりを繰り返したりと、ランニングをしている人間なら普通に入っているであろうある場所に私、まったく行ったことがありませんでした。

そのある場所と言いますのが整体治療院。

今まで故障しても、基本自然治癒を待つばかりという原始時代の人間のようなランニング生活を送っていた私ですが、これだけ故障という故障を繰り返しては、さすがにその門を叩く時が来たような気がしました。

そこで訪れる事にしましたのが、セカンドウィンド四日市メンバーの中でもかなり評判の高い「カン整体接骨院」さん。

院に到着すると、すでに何人かの先客がいらっしゃっていましたが、待つこと15分ほど。

初の治療を受ける事となりました。

 

症状はやはり座骨神経痛

早速腰まわりや脚筋などを触っていただいて、導き出された症状はやはり座骨神経痛・「梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)」が痛みの大きな要因でした。

ただ問題はこれだけではなく、身体の筋肉という筋肉全てが見事なまでに硬くなっているようで、逆に「よくこれだけ硬くなっていて座骨神経痛だけで済んでいますね・・・」とのお褒め(?)の言葉を頂く事となりました。

今のまま放置して無理に走っていれば、腰のその他の症状、シンスプリント、そして足底筋膜炎のぶり返しとあらゆる故障につながる可能性がかなり高いらしく、今後のメンテナンスの大切さを思い知らされる事となりました。

そして10分ほどの施術後は、10分ほど痛むお尻まわりに電気治療をいただいて、初の整体治療は無事(?)終了する事となりました。

 

夜になると予想以上に痛みは治まってきました

そして治療いただいた後しばらくは感じていたお尻まわりの痛みも、夜になるとほぼほぼおさまってきて、ここ最近感じた事のなかったような身体の軽さ。

この軽さを感じただけでも、今日はカン整体さんに訪れて良かったと、心から思える満足感。

・・・というわけでこれからは時間が比較的取りやすい月曜日をメンテナンスデーとして、カン整体さんに通うわせていただく事が決定しました!

 

セルフケアも重視しよう

ただし整体で定期的に治療に訪れるだけでは、おそらく異常なほどに硬くなっているらしい筋肉をほぐす事はかなり難しそうな気配。

冷静に考えてみれば、夏場はある程度しっかりやっていたストレッチも、ここ最近は手抜きしていた部分も多く、こうしたツケが今回の症状につながった気がしています。

そこでこれからはお風呂上がり後のストレッチ、そしてストレッチポールを使ったエクササイズを継続して30分以上かけて実施する事で、筋肉をほぐしたり、関節をゆるめるなどでしっかりケアしていく事も決定しました。

 

とりあえず土山マラソンでサブスリーを目指して走る事は確定的に

今回の初整体でわかった事は、なんだかんだランニングを始めて6年目に突入しているという事で、身体のあらゆるところにガタがきているという事。

そして自分ももう40代と、決して若くないという事。

今までと同じような事をやっていては、ランナー寿命を縮めてしまう一方です。

幸い土山マラソン出場についてはドクターストップもかからず、とりあえずサブスリーを目指して走る事は確定的。

ただしここで無理にスピードを出して走ったり、必要以上に距離を走ってしまうと、レース本番までに症状を悪化させてしまう可能性は結構高い気がしています。

そこでこれから1週間はストレッチ、ストレッチポールなど自分でできるケア「セルフケア」を中心に過ごす事で、レース本番に向けて、せめてコンディションだけでも万全の状態に整えていきたいと思います!!

 

実施したトレーニングメニュー

完全休養

10月の月間走行距離

10月の走行距離

自主練・・・178km

クラブ練・・・105km

 

 

仲間とともに速くなる!

新規メンバー募集中!