早朝ランの距離を10キロまで伸ばして、ペースも4分半切りペースまで高速化

もう2週間を切っているかもしかハーフマラソンに向けて、現状の走力からはかなりかけ離れた感のある「1時間17分台」の目標を掲げている私。

そんな無謀な目標がかなり遠い現実であることを突きつけられた感のあった日曜日の30キロ走・・・できなかった不甲斐ない練習会。

不甲斐ない結果に終わった30キロ走練習会の模様はこちら

そんな不甲斐ない練習に終わったあと、ずっと考えていたことがありました。

「もう少し追い込んだ練習を増やさないといけないのでは・・・」

 

●スポンサードリンク
 

早朝ランの距離を10キロまで伸ばしました

unnamed-1

先日の30キロ走練習会でつきつけられたのは、スタミナ不足、暑さへの弱さ、そして何よりすぐサボりたくなる弱い心。

その中で一番深刻だと思っているのは心の弱さ。

これには呼吸が乱れるとすぐサボってしまい、たいして追い込まない自主練での自分の甘さが大きく影響している気がしました。

そこでまず改善することにしたのが、5キロ前後の距離をダラダラ走っていただけの感のある早朝ランの内容改善。

まずはコースを川越町との市境までを折り返す10キロコースに変更して、今までの倍の距離を走ることにしました。

unnamed

 

ペースもキロ4分半から4分15秒ペースまでアップ

朝は身体が思うように動かず、エネルギーが枯渇した状態になりやすいため、普通に走っていてもすぐにきつくなってきます。

そんなわけで従来の早朝ランではどれだけペースを上げてもキロ5分前後のペースで走っていたのですが、それでもかなりきつくなるのを感じていました。

・・・が涼しくなってきたことに加えて、朝走ることに身体が慣れてきたようで、走り始めからそこそこペースを上げて走れるようになってきました。

そこで最初の1〜2キロのみキロ5分前後のペースで身体を温めた後は、キロ4分半から4分15秒ペースに近いところまで大幅にペースアップ。

このペース、夕方の身体の動く時間帯に実施する際ならかなり余裕あるペースなのですが、やはり早朝からこのペースはかなりきつく、しかもまだまだ気温は結構高くと、すぐに汗が噴き出してきます。

 

救いは赤信号による小休止

IMG_7268

そんなきついペースで走っていると、途中で何度も心折れそうになります。

ただそんな時に救いになるのが赤信号。

普通の公道をロードジョグコースとして走っている私、当然何度も赤信号に停められることになります。

赤信号で停められれば、言うまでもなくランニングも小休止。

この赤信号のタイミングでの休憩で呼吸の乱れを抑えることができ、青信号になると再びハイペースで走り出すことが可能になります。

逆に現段階では早朝にキロ4分30秒を切るペースで、休憩なしに10キロ走るのはあまりにもキツすぎるとも言えます・・・

 

10キロ地点からはクールダウンジョグ+ウィンドスプリント

そんな赤信号に助けられつつも、きついペースで走り続けて、約10キロ地点となるのは早朝ランの定番ポイント志氐神社。

unnamed-2

ここで参拝を終えた後はペースを抑えて、約2キロほどのクールダウンジョグに入ります。

ただここでも電信棒から電信棒までを目印に、何本か50m前後の距離をウィンドスプリント。

unnamed-3

特にフォームを意識することで、次回への練習につなげていくことを意識していこうと考えています。

 

きつい早朝ランの継続で朝から追い込み癖をつけよう

そんなきつい早朝ランを実施した後は、もちろん疲れていますが、なんとも言えない達成感があり、目もしっかり冴えてと悪いことばかりではありません。

・・・と言いますか、むしろ「きつめの朝ランも悪くない!」と心から思えるから不思議なものです。

またまだ今日で2日目とそれほど続いていませんが、確実に朝から追い込んだ練習ができていることで、多少なりともメンタル面の強化につながっていることも間違いありません。

あとは何より継続を心がけていくことで、メンタルの強化、そしてサボり癖を少しずつでも改善していけるよう努めたいものです!!

 

実施したトレーニングメニュー

自主練

早朝練

朝ジョグ10キロ(キロ4分半ペース)

 

夕練

3キロ+2キロ+1キロインターバル

(キロ3分45秒から3分30秒ペース)

 

クラブ練

2キロ+2キロ+1キロ

(キロ5分15秒から4分45秒ペース)

 

 

10月の月間走行距離

今日の走行距離

自主練・・・20km

クラブ練・・・6km

 

10月の走行距離

自主練・・・69km

クラブ練・・・27km

 

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

四日市のランニングチーム・セカンドウィンド四日市(通称:SW四日市)代表。ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、チームの運営やインターネットの活用などを通じて、四日市ランニングの魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

仲間とともに速くなる!

新規メンバー募集中!