かもしかマラソンで1時間17分台を出すためのポイントを考えてみました

昨日の30キロ走では8キロ時点の段階で脱水症状気味になり一時離脱。

その後もキロ4分切りのペースは維持しながらも、何度か休憩を繰り返してと不甲斐ない練習となってしまいました。

30キロ走の模様はこちら

そんな私ですが2週間後に迫ったかもしかハーフマラソンで目指す目標は1時間17分台。

スクリーンショット 2015-10-05 22.28.22

かもしかマラソンホームページはこちら

どう考えても絶望的な目標に見えますが、とりあえず目標を達成するためのポイントについて考えてみることにしました。

●スポンサードリンク
 

キロ3分40秒ペースがベース

ハーフマラソンで1時間17分台を出すために、必要となるのはキロ3分40秒ペースを維持する走り。

ちなみに自分のハーフ自己ベストのペースがキロ3分45秒、そして10キロの自己ベストのペースがキロ3分35秒。

つまり自分のハーフと10キロの自己ベストの中間あたりのペースを維持して走り続けることが、1時間17分台を出すための必須要件となります。

先日の30キロ走の走りでは到底不可能なペースではありますが、もともとレース本番だけ極端に強く勝負強さだけは持っている私。

ペースだけの問題であれば、なんとかなりそうな気がしているのも事実です・・・

 

苦手意識の強い登り坂でどれだけ失速を抑えられるか

IMG_3140

ペース以上に問題になりそうなのは、かもしかマラソン最大の難所・8キロ過ぎから2キロ以上にわたって続く、傾斜のきつい3段階に及ぶ登り坂。

もともと登り坂に極端なまでの苦手意識を持つ私、昨年のレースでは最後の最後で歩きかけて、なんとか堪えたものの、大幅にペースを落としてしまった覚えがあります。

ただその後の傾斜のきつい下り坂では、逆に強さを発揮してのかなりペースアップで、かなりのランナーを抜き去ったいいイメージを持っています。

となると重要となりそうなのは、いかに一番きつい登り坂で心折れずに、失速を抑えられるか。

ただし仮に失速を抑えられたとしても、17キロ地点付近にもう一度きつい登り坂が待っていることも忘れずに、後半戦に突入していく必要がありそうです。

 

最大の問題は暑さ

e5da8daff99821be43acb1076a12f56c_s

目標ペース、登り坂と困難な要素が続くかもしかマラソンですが、最大の難敵となりそうなのはどうしようもなく苦手な暑さ。

昨年の大会もかなり熱くなった覚えがあるのですが、今年もここまでの天候から考えるにかなり気温が上がる可能性も考えられます。

ちなみに昨年の大会も後半にかけてどんどん暑くなってきて、とんでもないほど汗をかいていた覚えがあります。

ただ暑さが苦手なことに関しては体質の問題という部分が多く、気合いで乗り切る以外現実的な対策が見当たらないため、あとは天気が曇ってくれる、もしくは奇跡的に涼しくなってくれることを祈るのみです・・・

 

残り2週間でやれることはしっかりやろう

・・・というわけでかなり速い目標ペース、きつい登り坂、暑さと多くの障壁が待っているかもしかマラソンですが、目標はあくまであきらめずに1時間17分台。

ちなみに昨年の記録は1時間20分台・・・それでも二度と走りたくないと思うほど疲れ切っていた覚えがあります・・・

10689913_736460679755321_643853429561207424_n

そんな悪いイメージは忘れ去って、今回は前半から玉砕覚悟で、強気のペースでレースに突入していこうと思っています。

あとは残り2週間というわずかの期間で、いかに上記3つに対する対策を立てられるか?

その対策として考えていることの一つについて、明日は紹介していきたいと思います!!

 

実施したトレーニングメニュー

自主練

朝ジョグ10キロ(キロ4分半ペース)

 

10月の月間走行距離

今日の走行距離

自主練・・・10km

 

10月の走行距離

自主練・・・49km

クラブ練・・・21km

 

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

四日市のランニングチーム・セカンドウィンド四日市(通称:SW四日市)代表。ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、チームの運営やインターネットの活用などを通じて、四日市ランニングの魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

仲間とともに速くなる!

新規メンバー募集中!