「かもしかマラソン試走会」を四日市ランニング協会にて開催しました!

今日は私も事務局という形で参加させていただいている「四日市ランニング協会」にて、3週間後に開催される「鈴鹿山麓かもしかハーフマラソン」のコース試走会が開催されました。

かもしかマラソンはアップダウンが厳しい難コースとして知られていて、事前に走っておいてその対策を立てておくことが必要不可欠な大会。

そんな特色あるかもしかマラソンコースを走れるということで、多くの地元ランナーの皆様に集まっていただきました。

四日市ランニング協会 かもしかマラソン試走の様子はこちら

 


●スポンサードリンク
 

自分の役割はサポートカー

1時間半、1時間45分、2時間、2時間半完走目標と4つの走力別に、安全面を考慮して5〜7名前後の少人数グループに分かれて実施された今回のかもしかマラソン試走。

私の役割は2時間完走組のサポートカー役として、参加者の皆さんの給水などを担当。

レース本番さながらに紙コップに参加者分のドリンクを補充しながら、随時テーブルに置いておくのは、結構慌ただしく感じました。

そして今回の何十倍ものコップを補充しているであろう、大会ボランティアの方々の大変さを痛感させられることとなりました。

 

かもしかコースのアップダウンのきつさを再認識

今回の試走ではかもしかマラソン・ハーフマラソンの全コースを車で回ることとなりました。

なかでも予想以上にきついように感じたのが17キロ前後の給水ポイント付近。

10キロ地点付近の県民の森付近の三段階に及ぶ坂道のきつさは、言うまでもなくかなりきつい坂道でしたが、いざ車で走ってみると17キロ地点付近にある最後のアップダウンの傾斜もかなりのもの。

実際自分がレースで走る際にも、10キロ地点同様に、17キロ地点も心して突入していく必要があるのを感じました。

 

大きなトラブルもなく無事終了!

今日は予想以上に蒸し暑くなり、ただでさえ厳しいかもしかマラソンコースを走るにはかなり厳しいコンディション。

参加者のみなさんのなかにはかなり大量の汗をかいているランナーもいらっしゃって、途中で脚の攣りとの戦いに苦しみながら走っている方も結構多くいらっしゃいました。

それでも多くのランナーの方が、粘り強い走りで見事無事完走!

大きなトラブルもなく、参加者の皆さんが無事最後を迎えられたことは、今回の試走イベント最大の収穫とも言えました!

 

最後は記念撮影で締め

そして全員が完走した後は、ストレッチで疲れた体をほぐして、今回の試走会は無事終了!

そして最後まで残ってくださった参加者、そしてスタッフの皆さんで記念撮影して大盛況のうちに試走会は終了することとなりました。

 

今回の試走会で得た収穫

今回の試走では今までに経験したことのないような多くの参加者が集まっていただきました。

加えてサポートカー役として、今まで経験していそうでしていなかったマラソン大会ボランティアの方々がやっていらっしゃる役割などを疑似体験させていただくことができるなど多くの経験を積むことができました!

さらに自分も挑戦予定のかもしかマラソン・ハーフマラソン全コースを車で回れたことで、本番に向けて様々な対策を講じることができた点も大きな収穫でした。

あとは今回の試走で得た収穫を着実に生かしていくことで、ランナーとしてもイベントスタッフの一員としても一歩一歩ステップアップしていきたいものです!!

 

今日のトレーニング

ノーランデー

 

月間走行距離

9月の走行距離

自主練・・・191km

クラブ練・・・148km

 

 

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

四日市のランニングチーム・セカンドウィンド四日市(通称:SW四日市)代表。ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、チームの運営やインターネットの活用などを通じて、四日市ランニングの魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

仲間とともに速くなる!

新規メンバー募集中!