垂坂公園ファルトレクで久しぶりに心肺をフルスロットルで稼働させました・・・

昨日は風邪がぶり返してきたため、走るのは四日市ランニング協会の金曜夜練習会の6キロジョグのみ。

代わりと言ってはなんですが、「BCT」フルメニューを中央緑地公園にて走る前に、腰を痛めないようバスマットの上で実施して、体幹をじっくり強化しておきました。

unnamed

 

そして今日は朝からセカンドウィンド四日市土曜午前練習会ということで、中央緑地公園にてメンバーの方と約14キロほどをゆっくりジョギング。

そして午後からは垂坂公園にて、自主練を実施することにしました。

今日の練習メニューは「ファルトレク」

ファルトレクとは山道などの起伏のある不整地を、スピードに変化をつけながら走る練習。

ファルトレクではスピードの変化についての設定はインターバル走などに比べると極めて自由で、練習目的に応じて様々な設定が可能です。

今日自分がファルトレクを実施する練習目的は、苦手意識の強い登り坂での走りを鍛えること、そして呼吸が乱れ始めるとすぐ手を抜こうとする弱い心の克服。

・・・というわけで、今日の垂坂公園ファルトレクでは登り坂ではひたすらハイペースで、平坦な道は普通のペースで、そしてくだり坂はゆっくりペースというざっくりとした設定で行うことにしました。

 

垂坂公園で自分が走るコースは、走り始めてすぐに結構きつめの登り坂からスタート。

その後はかなり急な下り坂もあれば、かなりどぎつい登り坂も随所随所に配備されていて、普通にジョギングしているだけでもかなりの負荷がかかる難コース。

今日は多少はマシになったとはいえ、まだまだかなり蒸し暑く、汗もすぐに吹き出してきました。

そして登り坂を駆け上がる際には、かなりのハイペースで突っ込み続けたため、どの坂を登り切るときでも頂上付近では心肺はフルスロットル状態で、とんでもなく呼吸は乱れていました。

そして暑さで身体に熱にこもる感じがドンドンきつくなってきて、最後の方はなかばフラフラになりながらなんとか30分間ほど走りきって、垂坂ファルトレクは終了しました。

 

自分が登り坂に弱い一番の理由は、おそらく登り坂の練習を意図的に逃げてきたから。

苦手からすぐに逃げる悪いクセがある私、今のままでは練習だけでなく、レース本番でも登り坂に入る手前から、萎縮した状態になってしまって、失速してしまう悪いイメージだけが頭の中に植えつけられてしまいます。

そんな悪いイメージを払拭するには、レース本番より傾斜のきつい坂道を、レースペースより速いペースで何度か走っておく事で、レース本番でコースの坂道がいつもよりゆるく、そして走るペースがいつもよりゆっくりで走っているため「今日は坂道を駆け上がるのが楽だ!」と頭に錯覚を起こさせるのが一番のような気がしています。

 

加えて呼吸が乱れるとすぐ心がおれるメンタル面も、火曜のインターバル練習以外に呼吸を乱すレベルまで追い込まない練習が多く、呼吸の乱れに慣れていないのが大きな要因。

今日のように心肺をフルスロットルで稼働させるほど坂道を速く駆け上がっておけば、多少の呼吸の乱れは「いつもと変わらない」のレベルまで持っていけるような気がしてきました。

 

幸い垂坂公園は自宅からも比較的近く、しかもファルトレクは短時間でも効果的に練習の負荷を高める事が可能。

・・・と言う事で、ここ最近は少し刺激が足らないな・・・などと思ったときで、多少の時間が取れるときは、積極的に垂坂ファルトレクに挑戦していこうと思っています!!

仲間とともに速くなる!

新規メンバー募集中!