蒸し暑い中での「BCT」+15キロジョギングでバテバテではありましたが・・・

今日は木曜日ということで、恒例にしている体幹トレーニング「BCT」をフルメニューで実施。

unnamed

かれこれ2ヶ月ほど、週1〜2回ペースで実施してきた「BCT」フルメニューですが、始めた当初に比べると確実に体幹は鍛えられてきて、今日も「もう1セットくらいならできるかな?」と思えるほどの余裕を持ってやり通すことができました。

スタミナ、スピードとも一番調子が良かった2年前の5月頃に比べると全然劣っているというのが現状ですが、少なくとも体幹の強さに関しては過去最高と言って間違いない状況になってきました。

 

ただ体幹を鍛えればマラソンを速く走れる・・・というわけでは全くなく、鍛えられた体幹をいかにうまく使うかがマラソンにおいては最も重要。

そして体幹強化によって筋肉量が増えている分、体重は思ったほど落ちておらず、ここから大切になってくるのは筋肉が増えた分だけ体脂肪を落としていくこと。

体幹トレーニングで刺激された筋肉を意識しつつも、体脂肪を効率よく落としていくためには、体幹トレーニング後のジョギングが一番!

・・・というわけで「BCT」を終えるや否や、水分補給だけ済まして早速夕ジョグに出かけることにしました。

unnamed

余裕を持って終えることができたと言っても、「BCT」をフルメニューで実施した後は、走るために必要な筋肉にかなりの疲労が残ります。

それはフルマラソンの後半ほどではないかもしれませんが、走り始めからレース後半のような筋肉のバネがうまく使えない状況となります。

加えて今日は涼しい風こそ吹いていたものの、かなり蒸し暑く、ただでさえ「BCT」で大量の汗をかいていたにもかかわらず、ますます吹き出る汗の量は増えていくこととなりました。

 

そんな厳しいコンディションの中でのジョギングでしたが、走っている途中からは、とにかく走ることが楽しくなってきて、気がつけば久しぶりの15キロのコースへ足を運んでいる自分がいました。

汗はますます噴き出してきて、身体にどんどん力が入らなくなり、呼吸もどんどん苦しくなってきましたが、なぜか休む気にはならず、気がつけばいつもの参拝ポイントである志氐神社へ。

unnamed-1

参拝後は全く身体から力が抜けてしまい、ゆっくりペースのジョギングがやっとの状況でしたが、なんとか15キロを走りきって今日の自主練は終了。

練習を終えた後は、何とも言えない達成感のようなものを感じることもできました。

 

今日の「BCT」+15キロジョグで最も痛感しなければならないのは、暑かったとはいえ、長い距離を自主練で走っていないことによるスタミナ不足。

マラソンにおいてスタミナ不足は致命的な欠点にもなりかねないため、早々に対策を講じていかなければならないのは間違いありません。

 

ただ今日の練習後に思ったのは「今日の15キロジョグはきつかったけど、何だかんだで楽しかったよな・・・」という事。

練習を継続していく上で、走るのが楽しいと思える事は何よりも大切な事。

まだまだ暑い日が続きそうで、厳しい練習が続きそうですが、走るのが楽しいと思える気持ちだけは絶対に持ち続けていきたいものです!!

 

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、四日市ランニングの魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

関連記事

  1. 「春のワクワクふれあいまつり」の中10キロ・ロードジョグ

  2. 右ハムストリングの痛みは座骨神経痛で確定的のため・・・

  3. 朝ストレッチ後、茂福神社に参拝に行ってまいりました。

  4. 内部ー八王子線マラニックの下見ラン

  5. 人生初整体で感じたランニングにおけるメンテナンスの重要性

  6. かもしかマラソンの疲労抜き朝ジョグを実施

  7. 効率よく前に進むランニングフォームを身につけるための「高速ロードジョグ…

  8. 足底筋膜炎再発のため、今日も地道に体幹強化メニューを実施

スポンサードリンク

TWITTER