四日市ランニング協会夏合宿2日目も無事終了

今日は昨日に引き続いて四日市市少年自然の家をメイン会場とした四日市ランニング協会・夏合宿2日目に参加するため4時起きして、合宿会場に向かいました。

 

そして夏合宿2日目は5時半よりウォーキングからトレーニングをスタート。

昨日はどういうわけかなかなか寝つけず、今朝も3時半には目覚めてしまってと、実質の睡眠時間は2時間半前後・・・

歩いているだけでも、呼吸がすぐに乱れ始めるのを感じました。

そんな状況でしたが、いざ朝練習の芝生ジョグが始まると、なぜか身体が軽くなってきて、走っていても快適そのもの。

徐々にペースを上げていくビルドアップ気味の芝生ジョグとなったのですが、本当に気持ちよく朝から走ることができました。

そしてさらにジョギングの後は、流しを10本ほど行ったのですが、脚のバネも調子よく、思っていた以上にスピードを出して10本をこなすことができました。

 

そして朝練が7時ごろに終わった後は、練習再開の10時まで合宿に参加されていたランナーの皆さんといろいろとコミュニケーション。

トレーニング方法やコース、ランニンググッズに関する情報などいろいろなお話を聞かせていただくことができ、これだけでも今回合宿にスタッフとして参加してよかったと思えました!

 

そして夏合宿最後の練習は昨日の夕練でも走ったアップダウンのきついロードコースを、キロ6分ペースでペースメーク。

さらに8キロほどを参加者の皆さんと会話を楽しみながら走り込んで、無事私の夏合宿での役割は完了することとなりました!

 

合宿開催の前日よりハムストリングにかなりの痛みを感じ、夏合宿でどれだけ走れるかの不安を抱えながらの参加となったわけですが、多少の違和感は残っているものの、大きな痛みを感じることなく2日間走りきることができとりあえずはひと安心。

この調子なら、早期にスピード練習も復活できそうな雰囲気も感じています!

 

そして今回の夏合宿での一番の収穫は、陸上指導経験豊富な四日市ランニング協会伊藤代表の指導方法をいろいろと近くで学ぶことができたこと。

今までの自分にかけていた視点に多く気づくことができ、今後の自分のセカンドウィンド四日市メンバーへの指導・アドバイスの幅を大きく広げるヒントを多くいただけた気がしました。

 

盆明けからは、本気の本気でセカンドウィンド四日市の練習メニュー充実に向けていろいろなアクションを起こしていきたいと思っています。

なかでもいいランニングフォームを作るための動きづくりドリルやストレッチなどの充実は、今の私そしてクラブメンバーの皆さんにとって至上命題と考えていたのですが、今回の夏合宿ではその多くを学ぶことができました!

そしてそんな今回の貴重な経験を存分に活かして、いよいよ明日からは自分が代表を務めるセカンドウィンド四日市のチーム創りに本腰を入れていきたいと思います!!

 

 

仲間とともに速くなる!

新規メンバー募集中!