久しぶりの南部丘陵公園「ヒルトレーニング」で痛感した脚筋力の衰え・・・

今日の午前はセカンドウィンド四日市の土曜午前練習会で、メンバーの方と12キロほどゆっくりジョギング。

そして午後からは久しぶりに南部丘陵公園にて、ヒルトレーニングを実施することにしました。

IMG_6387

 

●スポンサードリンク
 

自分が南部丘陵公園で実施しているヒルトレーニングのために利用しているコースは、果てしなく続く階段道や、坂道ダッシュに適した登り坂、下りダッシュに適した芝生道など、ヒルトレーニングを実施するには最適なコースといえます。

ヒルトレーニングについて詳しくはこちら

 

今日は朝からかなり蒸し暑く、午後もヒルトレーニングを開始した頃には、30度を超えていました・・・

ただでさえ暑さが大の苦手な私、それだけでも心折れそうなところではありましたが、ここでへこたれてしまっては福岡国際出場への道は遠ざかる一方。

・・・というわけで覚悟を決めて、地獄のヒルトレーニングコースに脚を踏み入れることにしました。

IMG_6388

私が設計した南部丘陵ヒルトレーニングコースは、スタートしてすぐにはじまる延々と続く階段道。

IMG_6389 IMG_6390

この階段道が、実はこのコースの山場だったりします。

そして階段を登り切ったあとは、平坦な道や下り坂と少し呼吸を落ちつけられるのですが、しばらくすると坂道ダッシュに最適な坂道が待ってくださっています。

IMG_6391

この登り坂を登ったあとは、少し平坦な道を走るのですが、最後に待ってくださっているのは、着地衝撃を抑えてくれ下りダッシュに最適な芝生道。

IMG_6394

登り階段→登り坂→下り芝生道とヒルトレーニングの王道(?)とも言えるコースは、約2キロほどとかなり距離は短いのですが、走り終わった時には、何十キロも走ったかのような疲労感が身体を襲います。

そんな2キロコースを駆け回り、心肺や脚筋に刺激を入れ続けて3本目に入ると、明らかに脚のバネがなくなってきて、階段を駆け上がろうとしても脚が思うように上がらなくなります。

それでも我慢の走りを続け、3本目を終了した時点で、心肺も脚筋も限界に達しているように感じたため、今日の南部丘陵ヒルトレーニングはここで終了することにしました。

 

練習をしている間に痛感したのは、一番調子が良かった2年前の5月頃に比べて明らかに脚筋力が弱っているという事。

「もっと脚をしっかり上げて階段を登れていたんだけどな・・・」「ハムストリングの筋肉のバネが使えていないな・・・」などと走っている間も、今後に向けての課題が次々と見つかるのを感じました。

・・・とは言うものの、夏場のしかも30度を超える中で、後半バテたとはいえ3本(+1本ジョグ)を実施できたのは、復調を期する自分にとってはある程度大きな収穫!

今後もヒルトレーンングを継続的に取り入れていく事で、一刻も早く好調時の脚筋力を取り戻していきたいものです!!

 

●スポンサードリンク
 

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、ランとWEBを通じて四日市の魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

関連記事

  1. お伊勢さんマラソンのゼッケンも届いたという事でひさしぶりに400mイン…

  2. 蒸し暑い中での「BCT」+15キロジョギングでバテバテではありましたが…

  3. 苦手意識の強かった上り坂に向き合うために「第10回みのかも日本昭和村ハ…

  4. 富双クロカンと四日市港ロードジョグで走行距離20キロ

  5. 過去最大級にきついアップダウンが待っている「少年自然の家クロカンコース…

  6. 効率よく前に進むランニングフォームを身につけるための「高速ロードジョグ…

TWITTER