1キロX5本のインターバル走をサブスリーペースで走った後に思ったこと・・・

今日の夜は中央緑地公園・陸上競技場トラックでセカンドウィンドAC四日市の火曜夜練習会。

IMG_5241

今日の練習会メニューは1キロインターバルX5本。

相変わらず足裏の痛みと足首の違和感を感じながらではありましたが、今日はキロ4分15秒ペースで走るメンバーのペースメーカーとして走ることにしました。

 

キロ4分15秒といえばフルマラソン・サブスリーペース。

今年に入ってから全くと言っていいほどスピード練習を実施していない自分にとって、間近に迫った東京マラソンに向けて、サブスリーペースがどれくらい身体に負荷がかかるかをチェックするには絶好の機会!

そんな事を考えながら1本目をスタートしました。

いざ走り始めてみると、ここ最近全く自主練をしていないからか疲労が身体にほとんど残っておらず、脚どりはかなり軽く感じました。

そして後半にかけて、徐々に徐々に足首の違和感は出てきたものの、5本目まで呼吸が乱れることは全くなく、かなりの余裕を持ってサブスリーペースのキロ4分15秒で1キロ5本のインターバルを終えることができました!

IMG_5417

 

さて東京マラソンまで残すところ5日となりました。

今年に入ってスピード練習らしきものは全くしておらず、今日走ったサブスリーペース4分15秒ペースがおそらく最速ペースでの練習・・・

加えて2週間に1回程度の割合で、かなりのゆっくりペースで20〜30キロを走っただけで、日常のジョギングなどの練習はほとんどしておらずと走り込み不足は否めず、スタミナにはかなりの不安があります。

さらに足裏の痛み、そして今最も深刻な足首の違和感のようなものも東京マラソンに向けて大きな不安要素となっていて、今回の東京マラソンは完全に観光マラソンで行くつもりでいました。

 

・・・が今日久しぶりにサブスリーペースで走ったところ、呼吸は全く乱れることなく、かなり余裕のあるペースであるように感じました。

また足首の痛みはゆっくり走っても、早く走っても同様に生じることを考えれば、はやく完走してしまった方が、痛みなどを感じながら走る時間は大幅に減らせるような気もしてきました。

そう考えると、東京マラソン本番では思い切って最初からサブスリーペースで走って、どうしても足首の違和感があるようであれば、もしくは走り込み不足からくるスタミナ不足が顕著になってくるようであれば、そのタイミングで観光ランに切り替えればいいような気もしてきました。

 

あとは足裏と足首の痛み・違和感がどの程度まで復調してくれるかが、東京マラソン本番のペースを決める大きな要因となりそうな気配。

明日は霞ヶ浦緑地公園で水曜夜の練習会、そして木曜日は四日市ランニング協議会の木曜夜の練習会と走る機会があるため、この2つの練習会を、自分の足の回復具合をチェックする場として、東京マラソン本番のレースペースを最終決定していこうと思っています。

まあいずれにせよ、今回は「最悪3時間半を切れればラッキー!」くらいの軽い気持ちでレースに臨む予定。

せっかく10倍近い競争倍率をくぐり抜けて出場できる東京マラソンを、最も楽しめるペース設定を明日、明後日の2日間で見極めていこうと思います!!

 

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、ランとWEBを通じて四日市の魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

関連記事

  1. 岐阜清流マラソン・ハーフマラソンコース以外の見所

  2. 3日間に及ぶリンゴダイエット、なんとか心折れず終了!

  3. 雪の中のトラック練習でメンバーと走りながら考えていたマラソンのシビアさ…

  4. 失敗続きだった30歳代最後の日を疲労抜きジョグで気持ち良く締めくくれま…

  5. 四日市ランニング協会5000m記録会で地元ランナーの皆様にいただいた大…

  6. 1日20キロの走行距離が無理なくコンスタントに走れるようになってきまし…

スポンサードリンク

TWITTER