東京マラソンまで残り10日という事で、レース走行プランを悩み中・・・

今日2月12日(木)、東京マラソンエントリーセンターよりこんなメールが届いていました。

IMG_5346

東京マラソンまで残り10日である事を、10倍近い倍率をくぐり抜けてきたランナーのみに伝えていただける貴重なメール!

本来であればモチベーションが上げざるを得ない家宝もの(?)のメールですが、私はと言えば現在足裏を絶賛故障中・・・

 

昨日は歩けないほど足裏や足首が痛み、レース出場スらが危ぶまれるような気がしていましたが、今朝起きるとだいぶ痛みはひいてとりあえずはひと安心。

そして夜には四日市ランニング協議会の木曜夜練習会に参加して、参加者の方々とキロ6分半で5キロ+1キロジョギングを実施。

IMG_4796

やはり足裏には痛みが走り、足首の違和感も相当なものでしたが、とりあえずゆっくりでも走れてさらにひと安心といったところでした!

 

・・・とは言うものの、昨日の30キロ走では20キロを越えて走ると、かなり足裏に激痛が走る事を痛感させられました。

そして30キロを走り終えた後は、歩けないほどの激痛が足裏や足首に走り、42.195キロを走り切る事を考えると、かなり先が思いやられるコンディションである事に気づかされました。

さてこんなコンディションで東京マラソンをどう走るか?

非常に悩ましいところであります。

 

とりあえず先日のキロ5分ペースを維持して、3時間半を目指して走り、「別府大分毎日マラソン」の出場権を目指す。

スクリーンショット 2015-02-08 6.32.53

当初はこのレースプランを考えていましたが、昨日の足首や足裏まわりの激痛の事を思うと、いろいろな意味でかなり無理があるような気がしています。

多分このプランを実行すれば、35キロ過ぎにはかなりの激痛を受けながら、それでも無理矢理3時間半を目指して走って、症状を悪化させる可能性が極めて高いです。

これから10日間のうちに多少は今の症状もおさまっていくと思いますが、それでもこのプランにはかなりのリスクを感じています。

 

そこでもう一つのプランとして考えているのは、完全な観光ランと割り切ってのファンランプラン。

東京マラソンは東京都心部の魅力ある観光スポットの多くを走れる事でも知られていて、観光ランには最適なコースと言えます。

そんなコースを記録を意識する事なく走れば、前回3年前に自己記録更新を目指して走った時には気づかなかった、東京の数多くの魅力に触れる事ができそうな気もします。

そう考えると現状の自分のコンディションでは、このファンランプランがベストのような気もしないでもありません。

 

何はともあれ東京マラソンまで残すところわずか10日。

今の足の状況では、ここからトレーニングで走力の向上を目指すのはまず不可能。

あとはコンディションを整えながら、足の具合を随時チェックしていく事で、ベストの「東京マラソン2015・走行プラン」を見出していきたいと思います!!

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、ランとWEBを通じて四日市の魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

関連記事

  1. 四日市総合駅伝競走で一般二部の4区・約4キロを走ってきました

  2. 3月の最大の目標である「豊橋ハーフで1時間19分を切る!」ために

  3. 垂坂公園でファルトレク5キロX2本を実施

  4. 体幹強化デーを週2回に、さらに体幹トレーニング後にはジョグをプラスする…

  5. かもしかマラソン前日は坂道ダッシュで刺激入れ+神頼み

  6. リンゴダイエットも2日目を無事終了!これで6食連続りんごのみです・・・…

TWITTER