明日2月11日(水・祝)は四日市ランニング協議会・30キロ走ですが

明日2月11日(水・祝)はセカンドウィンドAC四日市も参加する「四日市ランニング協議会」において30キロ走が中央緑地公園にて開催されます。

四日市ランニング協議会・30キロ走について詳しくはこちらIMG_4854

フルマラソン前に一度は実施しておきたいと言われるのが「30キロ走」。

30キロ走は非常に負荷が大きい練習である分、フルマラソン挑戦に向けて多くの練習効果が見込める練習メニューと言われています。

当然、フルマラソン挑戦を控えている私にとってもぜひ実施しておきたい練習メニューではあるのですが・・・

 

30キロ走を実施するのは遅くともレース本番2週間前と言われています。

その大きな理由は30キロ走は負荷が大きい分身体に大きな疲れを残しやすく、その疲れを完全に抜くには2週間が必要と言われているからです。

・・・という事を私自身、前日セカンドウィンドAC四日市ランニングサイトの記事として書かせていただきました。

 

そして私がフル・東京マラソンに挑戦するまで残り10日ちょっととなっています。

なので本来であればこの時期に30キロ走を実施するのは、私の場合NGと言えます。

レース本番に万全のコンディションを整える事を最優先するなら、明日は20キロ前後で走るのをやめておいた方がよさそうです。

 

ただ私、足底筋膜炎によるかかとの痛みや、足首の違和感などからこの2ヶ月ほど全く走り込めておらず、スタミナにかなり大きな不安を抱えています。

そんな私の場合、大きな不安を残してレース本番を迎えるくらいなら、今のタイミングでペースを落としてでも30キロを走り切っておく事で、多少なりとも自信をつけておく事も結構大切なような気もしています。

・・・とは言っても、このタイミングで無理して30キロを走った事で、疲れを残すだけならまだしも、多少マシになった足首の違和感などがぶり返す事はできれば避けたいもの。

 

・・・という訳で何かと悩ましい明日の四日市ランニング協議会・30キロ走。

あとは明日の天候などを加味してどれくらいのペース、距離を走るかを判断したうえで、残り10日ほどに迫った東京マラソン2015に向けてベストの選択肢を見出していきたいものです!!

 

 

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、ランニングチーム・セカンドウィンド四日市を運営。 将来的には誰もがいつでもどこでも気軽にランやウォークなどのスポーツを楽しめる総合型地域スポーツクラブ創りを目指しています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

関連記事

  1. 箱根駅伝優勝候補の筆頭青山学院大学が実施する「青トレ」をやってみました…

  2. 故障のリスクを少しでも減らすため身体のメンテナンスタイムをつくろう!

  3. まったくのノー給水でほぼサブスリーペースでの霞ヶ浦緑地公園30キロ走を…

  4. 寒さでテンションダウンも今日も走行距離20キロ

  5. 自分のランニングを大きく変えてくれた金哲彦さんの書籍

  6. 「ダニエルズのランニング・フォーミュラ」は最高のランニングバイブルと言…

TWITTER