今日は四日市市中央緑地公園にて「四日市総合駅伝競争」が開催され、私もセカンドウィンドAC四日市チームの一員として一般二部・4区約4キロを走らせていただきました。

IMG_2128・・・とは言ってもここ1週間程、8月から続く足底筋膜炎によるかかとの痛みに加え、足の甲のあたりに激痛が走る事があり、なかなか思うように走れていません。

そんな症状をいろいろな方に相談していると、「疲労骨折の可能性もあるのでは・・・」とまで言われる始末・・・

それでも今回はチームに控えのランナーがいらっしゃらなかったため、故障を押しての強行出場を決断する事となりました。

ただ疲労骨折の可能性まである足の症状をこれ以上悪化させる訳にはいかないため、スタートしてしばらくはペースを抑えめに、そして足の具合がいいようであれば徐々にペースを上げていくというレースプランを立てる事となりました。

・・・などなどと考えている間に、あっという間に四日市総合駅伝競走はスタートしました。

IMG_2163私が走る区間は4区・・・という事でレースがスタートしてから早々にウォーミングアップをはじめたのですが、ゆっくり走っていてもかかとはやはり痛かったものの、ここ最近感じていた足の甲の痛みはほとんどなし。

「今日はかかとの痛みとの戦いになりそうだな・・・ただ足の甲の激痛もぶり返す可能性もあるな・・・」などと考えながらウォーミングアップは早々に終了。

そしてその後は軽くストレッチをして待機をしていると、あっという間にチームメンバーの3区の方からタスキを受け、4区での私のレースはスタートする事となりました。

 

スタートしてからしばらくはゆっくり目に入る・・・そんな私のレースプランをそのままにスタートしたつもりだったのですが、早々に「怪我してるんだから無理せずいかないと!」との声援が私の耳に入ってきました。

「あれ?それほどペースを上げているつもりもないんだけど・・・」などと思いながら走っていたのですが、500m地点を過ぎたあたりですでに6人程の前を行くランナーを抜いていたものの、呼吸はすでにゼイゼイハアハア。

冷静に考えれば、2015年に入って自分がペースを上げて走った練習と言えば200mのインターバルくらい。

スタートした時のペース、かなり速めのペースで200mインターバルを実施しているときのペースよりは遅いというだけだったようで、かなりのオーバーペースで突っ込んでしまっていた事に気がつきました。

もし個人的なレースであればここで大失速もののパターンでしたが、今回のレースは駅伝、私一人のスタート直後の暴走のせいでメンバーの皆様に迷惑をかける訳にはいきません。

そう思い立ち、その後は息も絶え絶えになりながら、ただただ我慢の走り・・・そして「早く終わってくれ・・・」それだけを思いながら走り続けました。

10928855_648923688563586_3561353877571512982_n

写真はセカンドウィンドAC四日市メンバーの方に撮影いただいた写真ですが、苦痛に歪んだ顔をしています・・・

それでも失速を最低限に抑えながら走り続け、その後も前のランナーを何人か抜く事ができました。

そして「早く次のメンバーにタスキを渡したい!」・・・その一心から早々にタスキを外して、最後のやけくそスパートの準備。

1549359_648923775230244_2830106324921452008_nそしてその後は思ったよりペースは上がらなかったものの、一応「なんちゃってスパート」らしきものはかける事ができ、なんとか5区のメンバーの方に無事タスキを渡す事ができました!

10408563_414888692000929_8006561493391287519_n

・・・という訳で疲労骨折の不安すら抱えながら出場する事となった四日市総合駅伝競走は、前半からオーバーペースで入ってしまい自ら苦しいレース展開をつくってしまいましたが、我慢我慢の走りでなんとか4キロちょっとの距離をバテバテになりながら走り切って無事終了!

昨年12月のお伊勢さんマラソン以来の・・・というよりそのとき以上のかなりキツい思いをさせられる事となりましたが、これはこれでいろいろな収穫、そして課題を見出す事ができました。

その収穫や課題については、今日はもう疲れ切っているため、明日以降の記事にて書かせていただきたいと思います・・・

 

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、ランとWEBを通じて四日市の魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

おすすめの記事