昨日は前回の記事でも書かせていただいたとおりお伊勢さんマラソン・ハーフに出場させていただきました。

結果は1時間49分51秒と自己ベストならずも、30歳代4位入賞という思わぬ結果に終わりました。

IMG_4612

そしてレース後は、SWAC四日市メンバーにチャーターしていただいたマイクロバスで焼き肉屋へ。

IMG_4599 IMG_4601

IMG_4608

レースでの疲れも、美味しくそしてなによりかなりお値打ちな価格でお腹も十分満たして、例年の事ではありますがレース前からレース後までお伊勢さんマラソンを、SWAC四日市メンバーの方々と本当に楽しく過ごす事ができました!

 

●スポンサードリンク
 

そして今日、朝起きると案の定ではありますが足底筋膜炎によるかかとの痛みがかなり激しく、一歩を踏み出す事すら困難な状況。

レースの翌日はいつもレース後の開放感の中、気持ちよくクールダウンジョギングをする事がお決まりになっているのですが、今のかかとの痛みでは到底無理なため、今日の自主練は完全休息日にする事にしました。

 

さて今回のお伊勢さんマラソン、実はエントリー時に自分が掲げた目標は1時間16分台。

・・・ですが、実際は1時間20分を切るのがやっとで、自己ベストすら更新できず。

足底筋膜炎によるかかとの痛みをはじめ、腰の違和感などによって、ここ最近思うように練習できていなかった事がそのまま結果に直結する事になった気がしています。

そういう意味では今回のレース、どこか不本意な結果に終わったとも言えなくはありません。

 

ただそれと同時に、かなりホッとした部分もありました。

・・・と言いますのも去年の6月から続いた体調不良や故障などによって、なかなか思うような練習ができず、レースも去年の12月に出場したお伊勢さんマラソンで不本意な結果に終わって以降は、ほとんどのレースで棄権続き・・・

昨シーズンは本当にどこもいいとこなしで終わってしまいました。

そんな情けない状況が続く中で、「もう自分はフルマラソンで2時間45分台を出した時のような走りはもうできないのでは・・・」と常に不安を感じ続ける事となりました。

完全に自分に自信を失っていました。

走る事以外これといった得意分野がない自分にとって、この状況は本当につらいもので、気持ち的にイライラしたり沈み込んだりする事が多くなってしまっていました。

 

そんな状況から、今シーズンは10月のかもしかマラソンでは「暑く」「登り坂も多い」と自分にとってはかなり苦手なコンディションでありながら、なんとか1時間20分台で完走。

そして今回も1時間20分切りと、自分のハーフ記録2位と3位の記録を立て続けに出せた事で、確実にフルマラソンで2時間45分台を出せた時の走力が戻ってきている事を実感する事ができました。

 

とは言うものの、今のままでは2時間40分切りと5分以上記録を更新しないと獲得できない福岡国際マラソン出場権は遠のいていくばかり。

2月の本命レースまで残り3ヶ月を切っている今のタイミングでいろいろ手を打っていかないと、今シーズンもなんだかんだ言いながら中途半端に終わってしまう可能性はかなり高そうです。

そこで今回のお伊勢さんマラソンで見えた自分の課題・そしてこれからやっていくべき事を洗い出し、着実に行動に落とし込んでいかなければなりません。

 

では今の段階でまず最初に何をするべきか?

その事については、また別の記事にて書かせていただきたいと思います!!

多田 夏彦

書いている人 多田 夏彦

ランナーとしてフルマラソン2時間40分切りを目指して日々練習を続けながら、ランとWEBを通じて四日市の魅力をより多くの方々にシェアしていければと考えています! フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

おすすめの記事