燃え盛る炎のようにそろそろ2020年も気持ちにスイッチをいれよう

気持ちにスイッチを入れたい

2020年は勝負の年・・・という事であらゆる意味で正念場のはずの私ですが、どうもお正月モードからいまいち抜け出せないまま、今に至ってしまっています。

そんな自分に、そろそろ気持ちのスイッチを入れたい。

そう思いながら、どうも気持ちにスイッチを入れるタイミングを見つけ出せずにいたのですが、今日は思わぬ形で気持ちにスイッチを入れられた気がしました。

富双緑地公園にてセカンドウィンド四日市練習会を実施

今日は土曜日と言う事で午前はセカンドウィンド四日市練習会を、富双緑地公園にて実施しました。

セカンドウィンド四日市で設定している富双緑地公園クロカンコースは、約1.5kmと距離も短いうえ、景色の移り変わりがあまりなく、メンバーの皆さんからあまり好評を得ているとは言い難いコース。

ただもともと芝生を走るのが好きで、ほどよいアップダウンもあり、海に面した景色もお気に入りと、私にとって富双緑地公園はベストのランニングコースだと思っています。

そしてなぜかこのコースを走っていると、気持ちがいい感じに盛り上がってきてしまい、今日もゆっくりペースでメンバーを引っ張るつもりが、どんどんどんどんペースアップ。

結果次から次へと一緒に走っていたメンバーを引き離してしまい、ある意味「シゴキ」のようなペースランナーとなってしまいました・・・

なぜかおかわりランがしたくなる富双緑地公園

メンバーと富双緑地クロカン走で18キロ走って練習会終了。

他のコースであれば、迷う事なくここで練習をやめるのですが、なぜか富双緑地公園練習会終了後は「おかわりラン」をしたくなってしまいます。

そんなわけで練習会を終了して、メンバーと解散した後、自主練でさらにクロカンジョグを実施する事にしました。

そう言えば昨年も同じ時期に練習会終了後に、富双緑地公園でおかわりランをした後から、気持ちにいい感じにスイッチが入り、その後練習の質を徐々に上げていけた気が・・・

その結果が昨年2月初めの紀州口熊野マラソンでの久しぶりのサブスリー達成だったのかな・・・などと思いながら6キロのおかわりランをして、富双緑地公園練習での練習は、トータル24キロを走って終了。

今年もどうやら富双緑地公園が、正月モードからの切り替えスイッチになってくれたような気がしてきました。

地元富田地区のどんど祭りでさらに気持ちにスイッチ

そして夜は再び自宅から2キロほどの距離にある富双緑地公園までジョグしました。

その目的は富双緑地公園のすぐ近くで行われる、富田のどんど祭りを拝みに行くため。

この「富田のどんど祭り」は私の住む四日市市富田地区の各地で行われるのですが、その中で最も盛大に行われるのが、富双緑地公園を23号線を跨いだ先にある東富田浜広場。

この東富田浜広場で行われるどんど祭りは、高さ10mあまりの15基のどんどを燃やすもので、規模・迫力ともに県下一と言われているそうなのですが、地元の方ですら結構知らない方は多い気がします。

私がこの東富田浜広場にて、このような盛大などんど祭りが開催されているのを知ったのはランニングのおかげ。

まだセカンドウィンド四日市を立ち上げたばかりの頃、たまたま富双緑地公園で土曜の夕方に練習会をしていたところ、突然大きな火の手が上がり、火事が発生したのかと本気で驚いた事をきっかけにこの行事の存在を知る事となりました。

ただその時以来、この場所でのどんど祭りを目にした事はなかったのですが、今年はこのタイミングでこそ、さらに気持ちに火をつけないといけない!

・・・などという、いつも通りの思いつきで向かう事となった、富双緑地公園と目と鼻の先の場所にて行われるどんど祭り。

18時に点火が始まると、次から次へと大きな炎が燃え上がり、そのあまりの豪快な燃えっぷりを目の当たりにして、確実に気持ちが高まっていくのを感じました。

そして走れば走るほど、もっと見応えある、もっとワクワクする光景に出会えるに違いない!

そう確信できたという事で、もっと面白いシーンに遭遇するべく、2020年はとにかくガンガン走り込んでいこうと思っています!!

おすすめの記事