令和最初のお伊勢参りでまず参拝すべき神社はと言えば?

お伊勢参りは外宮から?

三重県でのランニングツーリズムを本格化させる。

・・・などとのたまっている私ですが、三重でランニングツーリズムをはじめるなら、絶対に欠かすことができないのがお伊勢参り。

お伊勢参りと言えば内宮、外宮のいずれかしか参拝しない事を「片参り」と言い、縁起が良くないため避けるべきだそうです。

そして「外宮先祭」という言葉もあるように、参拝だけでなく行事ごと全てにおいて、外宮で行ったあと、内宮で行うのが習わしとなっているそうです。

・・・というわけで神社好きを自称しているわりには、まだ令和に入って、まだ一度もお伊勢参りをしていない私。

そんなわけでそろそろお伊勢参りに行くべき時期である気もしていた今日この頃で、早々に外宮さんに訪れたいところなのですが、実はお伊勢参りでは外宮の前に参拝すべき聖地があります。

お伊勢さんウォーク会場近くの某パワースポットへ

今日は早朝より三重県ウオーキング協会の関係でお伊勢さんマラソン・ウォークの部のスタッフとして、伊勢サンアリーナに来るまで向かっていました。

そしてナビでサンアリーナ近辺を見ていると、結構近いところに二見興玉(ふたみおきたま)神社がある事に気づきました。

二見興玉神社は三重県内にて伊勢神宮に次いで2番目に参拝客の多い神社で、名勝・夫婦岩(めおといわ)がかなり有名。

40歳を過ぎた三重県民なら、結構な数の方々がお参りしていてもおかしくない神社です。

・・・のはずなのですが、実は自称・神社好きの私、今まで一度もお参りした事がありませんでした。

それはそれで別に誰に迷惑をかけるわけでないから構わない・・・と言えばそれまでなのですが、実はこの二見興玉神社、お伊勢参りでまず外宮で参拝する前にまず訪れるべきとされている場所です。

その昔、お伊勢参りをする時は、まず二見興玉神社に接する二見浦にて沐浴し、全身の穢れを落とし、みそぎを行うのが習わしとされていたそうです。

今も沐浴とまではいかないものの、伊勢神宮の祭礼などに携わる方は、まずここで祓い清めの儀式を行うそうです。

・・・というわけで今日は伊勢サンアリーナに行く前に、二見興玉神社にて人生初参拝する事にしました。

二見興玉神社にて神社好きモードにスイッチが

そんな人生最初の二見興玉神社参拝でしたが、見どころ満載で早朝より感動の連続と、久しぶりに神社好きモードにスイッチが入った私。

お伊勢さんマラソン・ウォークの部終了後、今日は2200円と破格の安さのホテルを発見したというだけの理由で志摩市で宿泊する事になっていたのですが、その前にサンアリーナの目と鼻の先にある鳥羽市にてある神社に訪れる事にしました。

その神社と言いますのが、伊勢神宮とかなりゆかりが深いとされている某神社。

そしてその後1箇所いきたい神社があったのですが、大きな障壁がある事が判明した事により断念した後は、宿泊場所のある志摩市入り。

そして志摩市入りした後は宿泊先に向かう前に、またまた伊勢神宮とかなりゆかりがあるとされている某神社にて参拝。

これらの神社を巡った結果、やはり「三重県の神社巡り、そしてスポーツツーリズムはランニングでこそ最高の体験ができる」という事を確信するに至りました。

そして心配された宿泊料2200円のホテルは、思ったほど悪い環境でもなく、今夜はゆっくりと休めそうな気配!

そんなわけで明日は早朝よりランニングにて、三重ランニングツーリズムのメインコンテンツともいえるお伊勢参りランを嗜んで来ようと思っています!!

おすすめの記事