週2度のかもしかハーフコース試走実施がなぜか〇〇〇脱却のきっかけに

秋バテをしているようではマラソンで結果は出ない

夏から秋にかけて気温の変化や、日中から夜にかけての温度の変化による自律神経系の乱れに起因して、様々な体調不良を起こすことを「秋バテ」と言うそうです。

秋レースシーズンも直前となる今の時期に、秋バテするなどもってのほか。

そんな秋バテを、毎年当たり前のようにしているのは、自己管理が甘い証拠。

自己管理もろくにできない人間が、マラソンで結果を出せるわけなどない。

そんな事を誰よりもきつく言ってあげたいのは、言うまでもなく私自身です・・・

毎年恒例の秋バテ状態に

先週の水曜日ごろより10日ほど、どういうわけか身体に全く力が入らない状況が続いていました。

もともと自律神経系に諸々の問題点を抱えている私、この時期になると毎年、当たり前のように秋バテ状態となってしまいます。

その事は誰よりも自分が分かっているにも関わらず、これと言った対策もせず、本年も秋バテで何をやるにしてもどうも力が入らない状態が続くあいかわらずの自分のダメっぷりに、自己嫌悪を感じずにはいられませんでした・・・

加えて今年は9月も末に近づいても、とにかく蒸し暑い日が続いており、今週に至っては大した練習を全くしていないにも関わらず、走り終えた後は当たり前のように極度の脱力状態に陥る有様。

こんな状況が続いていては、いよいよはじまる秋のレースシーズンも、絶望的な展開が容易に想像できる状態にあります。

2度のかもしか試走で復調の気配

そんな状況が続く中、今日は今年初ハーフマラソンに挑戦するセカンドウィンド四日市メンバーの案内役として、菰野町のかもしかハーフマラソンコースの試走を行いました。

実は今週は水曜日にも、同じく今年初ハーフマラソンに挑戦するセカンドウィンド四日市メンバーの案内役として、かもしかマラソンコースを走ったのですが、どういうわけかこの時だけはそこそこいい走りができていました。

ただその後金曜、土曜とかなりゆっくりペースでしか走っていなかったにも関わらず、とんでもなくバテバテ状態になってしまっていた私。

今日は完走すらあやぶまれる状況と思いながら、自宅を出る事となりました。

・・・がかもしかマラソンスタート地点となる菰野町庁舎にたどり着くと、どういうわけかここ10日ほど続いた異様な身体の重さが嘘のように軽くなり、コース試走をスタートしても走りは快調そのもの。

今日も気温はかなり上がったと思われ、一緒に走っていたメンバーは暑さに明らかにバテかけていましたが、私自身はかもしかマラソン最大の難所である8キロから10キロ地点付近のきつい上り坂を少しペースを上げ気味に走っても、息切れは全くなし。

そして最後の2キロほどはキロ4分近いペースまでペースアップしていましたが、それでも息切れ一つなく、今週2度目のかもしか試走を終了。

我ながら首をかしげたくなるような快走ぶりに、ようやく秋バテ脱却の気配を感じる事が出来ました。

9月も末になってようやく復調気配という事で

前日水曜日のかもしか試走の際は、走り終えた後、再び脱力状態になり、グダグダした状態が続いていた私ですが、今回は夜になっても体調は万全で、身体が重くなる気配もなし。

9月も残すところわずかとなった今になって、ようやく秋バテ状態から脱却できつつあります。

そしてかもしかハーフ試走2回を除いて、練習量を大幅に減らし、休養メインとなっていたことで、疲労もいい具合に抜けてきているのを感じています。

10月からは新たな取り組みを始めようと現在いろいろ準備中なのですが、今の状態なら10月はかなりいいスタートが切れそうな気配。

あとは残りわずかとなった9月のうちに、10月からの新たな取り組みに向けて、万全の準備を進めていこうと思っています!!

おすすめの記事