成長を実感できればランニングは本当に楽しい

ランニングをしていて最も楽しい時といえば、自分の走力が上がってきているのを実感できているとき。

そしてまだまだ自分に成長の余地があると、自信を持てているときだと思っています。

そしてここ数年ずっと、その両方を全く感じることができずに過ごしてきた感のある私ですが・・・

かなり暑さが残る中1キロロングインターバルをスタート

昨日は火曜日という事で、夕方はだいぶ習慣づいてきた中央緑地トラックにて自主練を実施する事に。

メニューは1キロロングインターバル、できれば10本をこなしたいところではあったのですが、昨日の夕方5時の段階ではまだかなり暑く、ウォーミングアップのジョグを終えた段階ですでに汗だくの状態に。

これは5本走り切るのがやっとかな・・・と思いつつ、1キロインターバルをスタートする事にしました。

そして少しペースを抑えめに走ったつもりだったのですが、1本目を走り終えて時計を見てみると3分49秒。

「あれ?思ったよりペース上がっていたな・・・」などと思いつつ、2本目も同じくペースを抑えめに走ったつもりでも、同じく3分49秒である程度余裕を持って走れていました。

この調子なら10本いけるかもしれないな・・・などと思いながら、3本目も3分48秒で走り終えたのですが、このあとの200mレストでゆっくりジョグをしていたところ、急激に身体に熱がこもってくるのを感じました。

苦手意識の強い1キロインターバルの4本目以降ですが・・・

もともと1キロインターバルに苦手意識がある私、特に4本目以降、急に心が折れてしまう傾向があります。

今回もそのパターンに陥りつつあったのですが、なんとか4本目を走り切ろうと気持ちを切り替えて走ったところ、4本目を3分46秒とむしろわずかながらペースアップ。

そしてその勢いを持って5本目も3分46秒で走ったのですが、この段階でかなりきつく、何より熱が身体にこもり、インターバルをやめたくなってしまっていました。

ただ今シーズンは「本当に苦しくなってからの粘りの走り」を、私個人の大きなテーマとして掲げており、5本でやめては結局昨シーズンと一緒・・・とばかりに6本目を走ったところ3分45秒。

そして7本目もペースを落とさない事だけを心掛けて走り、3分44秒で走ったのですが、ここで完全に心折れてしまい1キロロングインターバルを終了。

当初の目標設定からすれば3本足りませんでしたが、結構な蒸し暑さの中、1キロを7本とも3分50秒を切って走れたのは、暑さへの苦手意識が払しょくできない私にとって結構な自信につながりました。

今は走るのが結構楽しい

今シーズンの目標をフルマラソン3時間40分切りとするなら、目標レースペースは1キロ3分47秒ペースで走らなければならない事になります。

そう考えると1キロを7本、3分50秒を切って走れたくらいで満足しているようでは、話にならない事は間違いありません。

ただ昨シーズンのスピード練習に比べると、今シーズンはかなり苦しくなったところで、もうひと踏ん張りする練習ができている自負もあり、日々チビチビとではありますが自分の成長を実感できてきつつあります。

今の調子で苦しくなった時のひと踏ん張りの練習が継続できれば、これから涼しくなっていく中で、まだまだ走力アップできる余地がかなりあるという自信も芽生えてきています。

そんなわけで今は確実に走るのが楽しくなってきているという事で、今後さらに調子を上げていきたいものです!!

おすすめの記事