空前のマラソンイベントMGC開催

今日は来年開催の東京オリンピックの男女マラソン日本代表の3枠中2枠を競うMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)が開催されました。

たいして興味がないと周囲に話していたにも関わらず、今日は朝8時よりテレビまで観戦に向けて万全のスタンバイ。

そして男女ともスタートからゴールまで、しっかりテレビにくぎ付けとなってしまいました。

男子マラソン出場権を獲得したのは努力家の二名

30度近い暑さの中でのレースとなったMGCですが、男子マラソン代表2枠を得たのは中村匠吾選手と服部悠馬選手。

中村匠吾選手は四日市出身という事で応援しており、ある程度上位で走る事は予想していましたが、ラスト2キロちょっとのロングスパートは見事の一言。

あの日本新記録を打ち立てた大迫選手を振り切って、力強くゴールに走り抜ける中村選手の走りには、本当に大きな感動をいただきました。

そして2位に入った服部勇馬選手はレースでもかなり多くの汗をかく姿をよく見ており、暑さに弱いイメージがありましたが、30度近い暑さの中にあっても、40キロ地点を過ぎても余裕を感じさせる走りを見せていました。

そして最後は大迫選手とのデッドヒートを制し、見事2位でゴールした姿には、中村選手とは違う感動をいただきました。

そして暑さに弱いことを毎度のように言い訳にし、全く克服に向けてまじめに取り組もうとしないどこかの誰か(私の事ですが・・・)に爪の垢を煎じてやりたい気持ちとなりました。

ちなみに今回東京オリンピック出場権を得た中村選手、そして服部選手はかなりの努力家としても知られています。

やはりマラソンにおいて、何より重要なのは努力の積み重ねである事をあらためて思い知らされました。

やはり応援したくなる鈴木亜由子選手も出場権獲得

そして女子マラソン代表2枠を得たのは前田穂南選手と鈴木亜由子選手。

昨年末に見たドキュメンタリー番組ですっかりファンとなってしまった鈴木亜由子選手は、どの報道でも優勝候補筆頭に挙げられ、スタート前にはかなり緊張していたそうです。

そんな大きなプレッシャーにあっても、そしてレース後半のきつい上り坂にあっても、時折笑顔を見せながら走っているように見えました。

そして3位の小原怜選手に4秒差まで迫られながらも、2位でゴールした後もずっと笑顔と、鈴木選手がますます応援したくなる存在となりました。

そしてレース後半になるとたいしてきついわけでもなくても、露骨に苦しそうな顔をして何の恥じらいもなく手を抜く傾向があるどこかの誰か(もちろん私の事ですが・・・)に、同じく爪の垢を煎じて飲ませてやりたくなりました。

そして鈴木亜由子選手のフォームは女性ランナーながら、本当にまねしたくなる部分が多く、今後さらにこの鈴木選手のフォームを研究していこうと思っています。

自分に待っているのは自分自身との戦いだけ

今回MGCに出場されたランナーたちは、まさに人生をかけてこのレースに取り組んできた、本当に実力のあるランナーばかり。

そんな実力者たちが、数少ない出場枠を目指して、誰もが勝ちにこだり競い合い続けるレース展開は、本当に見どころが多く、あんな素晴らしいものを見せられては、自分も本気で頑張らなければという気持ちにならざるを得ませんでした。

トップランナーの皆さんは、実力の伯仲したライバルとの勝負に打ち勝っていかなければならない、過酷な世界に身を置かれています。

一方で自己ベスト更新、2時間40分切り、そして福岡国際マラソン出場権を得られる2時間35分切りと、どれだけ高い目標であっても、私の場合は自分自身との戦いが待っているだけ。

トップランナーの皆さんに比べれば、努力が報われる可能性が格段に高い状況にあります。

そして本気の努力を始めるなら、今以上のタイミングは間違いなくないであろうという事で、明日からはここまでよりもう一つギアを上げて、マラソンという自分自身との戦いにより本気で打ち込んでいこうと思っています。

 

おすすめの記事