6月の段階でセカンドウィンド四日市メンバーの皆さんのスピードはだいぶ仕上がってきたという事で・・・

この夏場のセカンドウィンド四日市のテーマはスピードの強化。

・・・ということで、今月のセカンドウィンド四日市のメニューは一部のメンバーを除いて、ショートインターバルやレペティションを中心にメニューを実施していました。

そして来月は本来なら、さらにスピードを磨いていただくべく、レペティション中心でメニューを組んでいこうと考えていたのですが。。。

金曜夜練習会はレペティションメイン

今日は金曜日という事で、夜はセカンドウィンド四日市の金曜夜練習会。

金曜夜のメニューはレペティションがメインとしていて、今日は200mを全力に近いペースで走るのと、完全休養を交互に繰り返す200mレペティション。

本数は15本と多めに設定し、「メンバーの皆さん、200mとは言え、15本走るとなると、さすがに多少はペースを抑えながら走るのでは?」・・・などと思いながら、メンバーの皆さんにはスタートいただきました。

メンバーのスピードの仕上がりはもう十分な気配

15本という本数にもかかわらずメンバーの皆さん、1本目から想定していたペースより5から10秒近く速いペースでスタート。

「このペースでは15本は持たないだろう・・・」などと思いつつタイムを計りながら、メンバーの皆さんの走りを見ていたのですが、5本・10本と本数を重ねていっても、全くペースが落ちそうな気配はなく。

それどころかペースはどんどん上がっていって、結局後半最後の5本は男性参加メンバー全員が35秒を切るタイムで200mを走りきるなど、誰一人失速する事なく、想定外のスピードまで上げ切る形でレペティションを終了。

明らかにメンバーの皆さん、早い段階からスピードについては、かなりいい感じに仕上がってきているのを実感できる練習会となりました。

来月からは予定を前倒ししてスピード持久力強化メニューをメインに

そんなわけでここまでの練習を見るに、ほとんどのメンバーの皆さんが、スピードの強化についてはもう十分と言えるレベルまで今の段階で来ています。

・・・となってくると、本来なら8月後半から本格的に取り組んでいこうと考えていたスピード持久力強化に、来月あたりから入っていっても良さそうな気配が漂ってきました。

スピード持久力はフルマラソンを走り切るうえで最も重要な能力と言え、セカンドウィンド四日市メンバー・・・というより多くの市民ランナーの方が弱点とするところ。

早い段階から強化していっても、損はもちろん全くありません。

実は今日、セカンドウィンド四日市の7月の練習メニューを組んでいて、スピード強化メインの練習メニューを中心に平日夜の練習会を実施していこうと考えていました。

・・・のですがここ最近の練習を見るに、ほとんどのメンバーの皆さんが想定以上のレベルまでスピードは上がってきているという事で、目前に迫った7月からはかなり前倒しでメンバーの皆さんのスピード持久力強化に向けたメニューを中心に切り替えていこうと思っています!!

 

関連記事

  1. 四日市ドーム→四日市港→垂坂公園周回(?)コースにて4時間・30キロL…

  2. 11月より伊坂ダムランステプロジェクト(?)をスタートします

  3. 30度を軽く超える暑さの中、土山マラソンコース・42.195km走を実…

  4. セカンドウィンド四日市の2016年は初走り・多度大社参拝ランよりスター…

  5. セカンドウィンド四日市金曜夜練習会で久しぶりの200mレペティションを…

  6. 2017年のセカンドウィンド四日市の活動は多度参拝ラン+αからスタート…

TWITTER