早朝坂道ダッシュの継続でかもしかハーフの10キロ地点付近の坂道を気持ちよく駆け抜けよう

昨日の早朝の大雨が嘘のように、今日の朝は雨は全く降っておらず。

そんなわけで1日だけ休んでしまった早朝練習も、今日は復活という事で、ジョギングを5時半よりスタートしました。

今日のコースは、雨で多くの水を芝生を含んでいそうな富双緑地公園ではなく、自宅から志氐神社までを走るロードジョグ。

相変わらず早朝より身体は思うように動いてくれず、志氐神社に到着した頃にはちょっとバテ気味の状態ではあったのですが・・・

早朝坂道ダッシュはやはりきついけど・・・

今後志氐神社までの早朝ジョグのセットメニューとして実施していく事に決めたのが、志氐神社のすぐ前を通る比較的ゆるやかな坂道を使っての坂道ダッシュ。

[kanren postid=”2646″]

上り坂を全力の8〜9割の力で駆け上がって、下りはゆっくりジョギングでおりてくる坂道ダッシュは、どれだけ緩い坂道であっても当然きつく。

ただでさえ軽いジョグ程度でもバテ気味な私の心肺や脚筋に、大きな刺激を与えてくれるのを感じています。

それと同時にどれだけバテていても、坂道ダッシュでは自然と身体全体を大きく使った走りになるため、フォームの改善につながっていくのも実感できる点もありがたいポイントです!

多度山ランで感じた坂道ダッシュの成果?

まだ先週から始めたばかりの坂道ダッシュですが、早速その効果をすこしだけ実感できる出来事がありました。

それは先日のセカンドウィンド四日市メンバーと走った多度山での事。

[kanren postid=”2661″]

もともと上り坂に極端なまでの苦手意識を持っている私ですが、傾斜がきついことで知られる多度山の山頂付近や健脚コースなどの難所で、かつてより力強く駆け上がっていける感がありました。

ただまだ坂道ダッシュを実施したのはこの時までに2回だけと、その成果かどうかには「?」な部分があり、また坂道を上りきったあとは、尋常でないほどの呼吸の乱れがあったため、今後さらに坂道ダッシュを継続して、この成果のほどを確認していかなければなりません。

かもしかハーフでの快走に向けて

この坂道ダッシュを早朝練習に取り入れた一番の理由は、10月15日(日)に出場するかもしかハーフ対策。

もともと上りに苦手意識が強く、かもしかハーフの最大の難所10キロ地点付近では、いつも無様な走りを晒しています・・・

そんな無様な走りを今回しないために、早い段階から上り坂への苦手意識を克服する必要があると思っています。

その上り坂への苦手意識克服に向けて、夏場の一つの目標にしようと思っているのが、多度山の健脚コースを休まずに走りきること。

この健脚コースを最後まで走りきる事ができるようになれば、かもしかマラソン10キロ付近に待ち構えるあの上り坂もたいして怖くありません。

・・・というわけで夏場のうちに、上り坂への苦手意識を克服すべく、健脚コースを完全走破するために、今後も早朝練習に坂道ダッシュを積極的に取り入れていこうと思っています!!

 

関連記事

  1. 久しぶりの400m+200mインターバルで取り戻せたわずかながらの自信…

  2. 箱根駅伝強豪校「東洋大学」を見習って早朝練習を5時よりスタート

  3. 激動の月となりそうな12月も月初は早朝ノルディックウォークからスタート…

  4. 小刻みに短い距離のジョグを積み重ねて、基礎スタミナ養成につなげよう

  5. 志摩ロードハーフと洞爺湖マラソンでの快走に向けた一番のカギは「上り坂対…

  6. 洞爺湖マラソンでの目標をサブスリーに下方修正することにしました・・・

  7. 早朝練習は走る事と同じくらいウォーミングアップに力を入れていこう

  8. アドラー心理学は多分ランニングにも大いに活かせそうという事で

スポンサードリンク

TWITTER