今週末は三重県最大級のウォーキングイベントが開催

今週末25日(土)、26日(日)の2日間にわたって、三重県最大級のウオーキングイベント「第9回伊勢志摩ツーデーウォーク」が開催されます。

志摩と言ってもスペイン村くらいしかわからない・・・という方は結構多いと思いますが、実は伊勢志摩ツーデーウォークの開催される志摩市は、かの北海道にも引けを取らない(・・・と個人的には思っている)雄大な自然の景観が広がっています。

例年この時期になると、この伊勢志摩ツーデーウォークの準備のため志摩市を訪れる事になるわけですが、訪れるたびに志摩の事が大好きになります。

いつも砂浜を走りたくなる衝動に駆られる市後浜

今日は昨日に引き続き三重県ウオーキング協会の一員として、今週末25日(土)・26日(日)に開催される第9回伊勢志摩ツーデーウォークの準備。

今日は伊勢志摩ツーデーウォーク2日目にあたる26日(日)の25キロのロングコースと、16kmのミドルコースのコース案内のための矢印張り、通称「矢張(やばり)」に向かいました。

今回矢張したコースのうち16キロミドルコースの見どころの一つが、先日の「国府白浜(こうしらはま)」と並んで1年中にわたり多くのサーファーを集める市後浜。

志摩ツーデーウォークの準備の際には毎回のように訪れる市後浜ですが、行くたびに、美しい白浜を走りたくなる衝動に駆られます。

ただ三重県ウオーキング協会の一員として、ツーデーウォークの準備のためにここに来ている以上、当然のんきに砂浜を走っている時間などありません・・・

個人的に志摩ナンバーワンのおすすめスポット「大王崎」

そして今日矢張した志摩の観光スポットの中でも、個人的に最もお勧めしたい場所が美しい景色が多くの画家から親しまれ絵かきの町」として有名な大王崎。

この大王崎の突端に建つ灯台「大王崎灯台」は、昨日訪れた安乗埼灯台と同じく「日本の灯台50選」にも選ばれており、有料(200円)とはなりますが、灯台の上から拝む事のできる景観はかなりの絶景との事。

今回はツーデーウォークの準備という事で、灯台の上には登れませんでしたが、またこの大王崎まで来る機会をつくれるようなら、高所恐怖症の私ではありますが、絶対に灯台の上からの景観を拝んでみたいと思っています。

ちなみに灯台の上まで上れなくても、大王崎では荒波よりを雄大さを思い知らされる太平洋の絶景を拝むことができます。

ちなみにレトロな雰囲気の漂う「THE ・昭和」的な雰囲気の漂う商店街(?)を歩きながら、お店のおばあちゃんたちと他愛のない会話するのも、私個人的には大王崎を訪れる大きな楽しみとなっています。

ちなみにこの商店街はかなり傾斜のきつい坂道上にあり、歩くだけでもかなりのトレーニング効果が期待できます・・・

いつかは走りたい志摩ツーデーウォークコース

ほかにも真珠の海に架かる真珠色の橋「志摩大橋」など見どころの多い、志摩ツーデーウォーク2日目ですが、見どころが多いのはロングコースやミドルコースだけではありません。

今回は一度も訪れる事ができませんでしたが、2日目の11キロショートコースでは現在志摩観光スポットナンバー1と言って過言でない横山展望台より、志摩のリアス式海岸の絶景を拝むことが出来ます。

ちなみにこの志摩ツーデーウォークはすでに事前申し込みは終えているものの、当日参加もOK。

志摩ツーデーウォークホームページはこちら

しかも今週末の土日はかなり気温が高くなるものの晴れ予報のため、海の絶景に心癒されたい方には、かなりおすすめです。

今日は気温も30度近くまで上がり、かなり暑くなりましたが、雲一つない快晴のおかげで志摩の海の美しさが一段と引立ち、大変ながらも景色にただただ癒され続ける志摩ツーデーウォークの準備となりました。

ちなみに私自身は毎年スタッフの一員として参加しているため、一度も志摩ツーデーウォークコースをフルに歩いたことがありません。

ただ今回の準備でかなりコースをしっかり覚えられたという事で、いつか歩き・・・と言うよりは走り回って、一つでも多くの志摩の観光スポットを巡ってみたいと思っています!!

 

おすすめの記事