洞爺湖マラソンの宿泊先はなぜかすごく落ち着く室蘭

今回で4度目の出場となる洞爺湖マラソンですが、過去3度の大会でずっと宿泊先にしているのが洞爺湖から40キロほどの距離にある室蘭市です。

そんな少し距離のある室蘭に宿泊する大きな理由は単純に洞爺湖の宿泊代が結構高いから、もう少し安いところで。

・・・くらいの極めてケチくさい理由のみなのですが、この室蘭に訪れるとなぜかいつも懐かしさを覚え、すごく気持ちが落ち着くのを感じます。

その理由がなぜなのかは私にもよくわからないのですが、室蘭には私が住む四日市とある大きな共通点を持っているのは事実です。

室蘭の観光の目玉は工場夜景

北海道室蘭市と私の住む四日市市の大きな共通点となっているのが、工場夜景が観光の目玉となっているという事。

四日市、室蘭に加えて、川崎、北九州の4都市は、日本四大工場夜景と呼ばれているのですが、室蘭は中でもかなり早くから工場夜景を観光に取り入れていた「工場夜景ブーム」の先駆け的な存在。

そして室蘭では四日市と同様に、ナイトクルージングが観光の目玉の一つとなっている事。

そして室蘭は「鉄のまち」として、明治以降の日本の近代化に大きく貢献した工業都市である事が、先日購入したブラタモリ 18 秩父 長瀞 大宮 室蘭 洞爺湖 宮崎に書かれていました。

室蘭が鉄のまち・工業都市として栄えた理由

室蘭が工場夜景を目玉にしている。

・・・ということだけは私も以前より知っていたのですが、室蘭が鉄のまちとして栄えたことはまったく持って知りませんでした。

室蘭は洞爺湖同様に活発な火山活動が行われていた影響により、海岸沿いには断崖絶壁がかなり多く、この断崖絶壁が港への強風や強波を遮ってくれるそうです。

そのおかげで室蘭の港は船も停めやすく、まだ日本で工業化が始まったばかりの明治の時代から天然の良港として栄えてきたようです。

さらに火山活動によって吹き出る溶岩や火山灰に多く含まれる砂鉄が、潮の流れなどの影響で浜辺に溜まりやすく、簡単かつ大量に取れる地であった事。

そして北海道中で取れた石炭が、太平洋岸にあり、天然の良好である室蘭に集積される環境であった事が、工業都市・室蘭を産んだ大きな原動力となったようです。

洞爺湖マラソン前日は室蘭観光も楽しもう

そんなわけで今回も洞爺湖に引き続き、ブラタモリ 18 秩父 長瀞 大宮 室蘭 洞爺湖 宮崎によって室蘭について予習してみたわけですが、わかったことは室蘭は洞爺湖同様に活発な火山活動がその発展に大きく影響しているという事。

あまり火山に縁のない地に住んでいる私にとっては、ある意味かなり意外とも言える事実でした。

ちなみに今回は室蘭にレース前々日に到着予定という事で、室蘭の夜景、そして断崖絶壁の上にあるという「地球岬」にも訪れてみようと思っています。

・・・ともはやレースに出るためなのか、観光のためなのか、よくわからなくなってきそうな洞爺湖マラソンですが、レース前日に室蘭観光で気持ちをリラックスさせる事ができれば、多分レース結果にもプラスに働く気はず!

・・・という事で楽しむときは楽しむ、追い込むときは追い込むとメリハリをつけて過ごす事で、最高の洞爺湖道中につなげていきたいものです!!

 

今回の記事で紹介した書籍

ブラタモリ 18 秩父 長瀞 大宮 室蘭 洞爺湖 宮崎
KADOKAWA (2019-03-15)
売り上げランキング: 5,471
おすすめの記事