いつも逃げ出したいと思っているスピード練習ですが・・・

フルマラソンで結果を出すためには、走り込みと体幹強化が何より重要。

そんな結論に至りつつあるここ最近の私ですが、洞爺湖マラソンで本気で2時間45分切りを目指すなら、キロ3分54秒で42.195kmを走り抜ける必要があります。

・・・となるとキロ4分を軽く切るペースにも、慣れておかないといけません。

そうとなると結局のところ、私の何より苦手なスピード練習から逃げる事は、絶対にできないということで・・・

洞爺湖までのスピード練習は400mインターバルのみ

今日は火曜日という事でセカンドウィンド四日市の夜練習会の前に、中央緑地トラックにて自主練でスピード練習を実施する事にしました。

メニューは数多くあるスピード練習メニューの中で、自分自身がまだ得意意識を持っている気もする400mインターバル。

ただでさえ苦手なスピード練習ですが、これから洞爺湖マラソンまでの間は、できるだけ定期的にメニューに組み入れていく必要があると思っています。

・・・となるとつい逃げてしまいがちなスピード練習の中で、最もモチベーションを維持できる400mインターバルを積み重ねていくしかない。

そんな結論に達しており、これから洞爺湖マラソンまでは、よほどのことがない限り、スピード練習は400mインターバルのみで行こうかとすら思っています。

変則(?)400m+200mインターバルを実施

そんなわけで実施した400mインターバルですが、今日は昨日筋トレを頑張りすぎたからか、脚は異常に重く、こんな状態でペースなど上げれるのか?・・・とすら思いながらスタート。

いざ走ってみると、思っていたよりは脚も動いてくれ、最初の1本目を84秒で走り切りました。

ただ今日の夕方は結構な蒸し暑さで、1本目を終わった段階で呼吸は早速乱れ気味。

そんな状態の中、2本目、3本目と400mの疾走を繰り返していったのですが、2本目以降は82秒を維持してとペースこそ上がったものの、それと同時に呼吸はどんどん苦しくなってきて、5本を終えた段階で早くも心は折れてしまいそうに。

それでも最低10本はやり切ろうと思っていたのですが、やはり気持ちが折れてしまい、結局7本で400mインターバルをやめてしまいました。

ただこのまま終わっては、洞爺湖マラソンに向けて何も残らないと思いなおし、ここからは少しだけ休んだ後、にわか200mインターバルをスタート。

1本40秒と、いつもの200mインターバルに比べるとかなり抑えめのペースではあったのですが、1本終えるごとに呼吸はかなりきつく、走っている最中は「いつやめよう、いつやめよう?」・・・そんな事ばかり考えている有様。

それでもなんとか1本40秒を維持して、200mインターバル10本をやり終えて、今日のスピード練習は終了する事となりました。

これから4週間はとにかく400mインターバルを継続しよう

今日の練習内容では、2時間45分切りなど論外で、サブスリーすら危ういところ。

ただまだ掛川・新茶マラソンでフルマラソンを走り終えて、10日も経っていない事を考えれば、疲労がまだ残っているのも当然とも言えます。

そして今日はかなり蒸し暑く、まだ暑さに身体が慣れていない今の自分にとって、洞爺湖マラソンに向けていい刺激を入れられたのも間違いないところだとも思っています。

そして今後はとにかく暑さに身体を慣らしていきつつ、キロ4分を切るペースに身体を慣らしていくしかない。

・・・というわけで、これから洞爺湖マラソンまでの間は、とにかく定期的に400mインターバルを繰り返して、スピードの余裕度を少しでも高めていこうと思っています!!

おすすめの記事