ランニングのアドバイスにイラストを活用したい

走れ! マンガ家ひぃこらサブスリー 運動オンチで85kg 52歳フルマラソン挑戦記!

私のランニングの愛読書の一冊に走れ! マンガ家ひぃこらサブスリー 運動オンチで85kg 52歳フルマラソン挑戦記!という本があります。

この本を書かれているのは、漫画家のみやすのんきさん。

この方は奇抜な理論ながら、非常にわかりやすく、説得力もある文章を書かれるうえ、漫画家という事で持ち前の画力を生かされて、理論をよりわかりやすく解説されています。

私自身もこうしてブログを書いていると、「みやすのんきさんのようにイラストでわかりやすく説明できれば」と思う事はよくあります。

ただ残念ながら私の画力は絶望的とも言えるレベルという事で・・・

完全に宝の持ち腐れ状態のApple pencil

Apple Pencil

スキルが劣るなら、道具で補うしかない。

ランニングシューズでも同様のことが言えるのですが、何事も道具から入る傾向の強い私。

ブログでイラストを導入するべく、約2年前にApple Pencilなるものを購入していました。

このApple Pencilは、iPadで手書きメモやイラストなどを描く事を目的としてたスタイラスペンで、指で絵を描くより断然細かな操作を行うことができます。

そしてこのApple Pencilでは筆圧を正確に感知するため、線に強弱をつけられ、より繊細なイラストが描ける事より、ここ最近ではかなり多くのデザイナーやイラストレーター、そして漫画家の方が愛用されているそうです。

そんなトップクリエイターがの方々が利用しているなら、自分も1本持っておくしかない。

・・・くらいの勢いで購入したApple Pencilですが、いつものごとくたいして使ってもおらず、完全に宝の持ち腐れ状態。

ただこのタイミングでこそApple Pencilを使いこなそうという事で、久しぶりに使ってみることにしました。

Apple Pencilでイラストを書いてみたところ・・・

iPadではこのApple Pencil対応のイラスト製作無料アプリがいろいろ出ています。

その一つが天下のAdobe社が手掛ける「フォトショップスケッチ」。

このアプリは、ペンの滑らかさ、色の混じり具合、カラーで絵を描くツールとしての完成度が高く、無料アプリとしては破格の性能とまで言われています。

そんな便利なアプリフォトショップスケッチを活用して、早速Apple Pencilを使って描いてみたイラストがこちら。

もはや絶望的とも言えるレベルで、Apple Pencilやフォトショップスケッチの性能もこれでは台無しです・・・

そしてこんな奇妙なイラストでランニングを説明された日には、まともに走れていたはずの人も、おかしな走り方になってしまう事は想像に難くありません・・・

まあ今回のイラストはおふざけ程度ではありますが、多分真面目に書いたところで大した差が出るとは思えず、今後ブログでイラストを活用しようと思うと、かなりの鍛錬が必要となってきそうです。

Apple Pencilでイラストを上手に書けるようになろう

絵画やデザインの世界では、基礎をしっかり身につける事が大切だと言われています。

一方で今の私はデザインやデッサンの基礎など全くありません。

ネットなどを調べてみると、そんなデッサン初心者の方でも短時間で基礎を身に着ける事ができ、Apple Pencilを使ってイラストをうまく方法があるとの事。

今はただその言葉だけを信じて、今後はこのApple Pencilを活用して、なんとかこのブログでイラスト活用にこぎつけていきたいと思っています!!

 

今回の記事で紹介したアイテム

走れ! マンガ家ひぃこらサブスリー 運動オンチで85kg 52歳フルマラソン挑戦記!
みやす のんき
実業之日本社
売り上げランキング: 31,202
Apple Pencil

Apple Pencil

posted with amazlet at 19.04.11
アップル (2015-10-14)
売り上げランキング: 9
おすすめの記事