洞爺湖マラソンまでの12週間、本格的にマラソントレーニングを行って、2時間45分切りを目指す!

・・・というのが、5月19日(日)に控える、今シーズンの私の本命レースと位置付けている洞爺湖マラソンに向けてのプランでした。

ただ犬山ハーフマラソンも終わって、洞爺湖マラソンまで残り12週間となった今週は、疲労がかなり溜まっていたようで、思うように身体に力が入らず4日連続でノーランデー。

いつまでもこんな調子でいくわけにはいかないという事で、今日より洞爺湖マラソンに向けたマラソントレーニングをスタートしました。

ようやく早朝ジョグを再開

今日から3月がスタートという事で、今日は久しぶりに5時に起床して、早朝ジョグを再開することにしました。

洞爺湖マラソンに向けての走りの土台作りとして、これから12週間最重要視しているのは早朝練習。

早朝の時間帯にジョグをしっかりやっておけば、それだけでもかなりの大部分、マラソンを走りきる土台づくりは十分できると思っています。

さらに夕方や夜の余裕ある時に、プラスアルファでスピード練習やクロカン走などを実施できれば、かなりの走力積み上げが期待できると睨んでいます。

3月に入ったこれからは暑さ対策も大切

ここ数日早朝ジョグをサボりがちだったのですが、今日走っていて思ったのは、確実に日が昇る時間が早くなってきているという事。

そして今日は特別だったのかもしれませんが、走り始めた段階から結構暖かく、5キロほど走った段階でかなりの汗をかいていました。

さらに10キロに到達したころには、今の季節にしてはあり得ないほど大量の汗をかいていて、3月はじめにしてまさかの早朝練習で脱水症状。

結局今日は15キロを走ったのですが、後半は完全にフラフラでなんとか走りきるのがやっとという感じでした。

今日はウィンドブレーカーをしっかり着込んで、練習前の給水もそこそこに出かけてしまったのですが、もう3月に突入したという事で、今後は暑さ対策も必要な時期にきているようです。

今度こそとにかく早朝練習を継続しよう

2月に出場した紀州口熊野マラソン、そして犬山ハーフマラソンで分かったのは、現段階の自分の走力ではフルマラソン2時間45分切りなど、はるかかなたの目標であるという事。

これから洞爺湖マラソンに向けて残り12週間を切っている事を考えれば、これから相当な練習をやっていかないと、到底目標達成は見えてきません。

そして何より走りの土台づくりなくして、走力の積み上げはあり得ないという事で、これから12週間はとにかく休むことなく早朝練習を継続していこうと思っています!!

おすすめの記事