考えうる限りズタボロの展開となって、途中棄権となった犬山ハーフマラソン。

結局昨日のレース後から、今日の午前まではほとんど身体に力が入らず、今日の午後になってようやく現場復帰できるような有様・・・

ただこれらの事はアクシデントでもなんでもなく、自分自身の犬山ハーフマラソンに向けての取り組みがあまりにもずさん過ぎた事にある事は自分自身が一番自覚しています。

失敗要因1 サブスリーを達成してかなり気が抜けていた

まず犬山ハーフに向けての失敗の一つは、紀州口熊野マラソンが終わって、極端なまでに気が抜けてしまった事。

ドタバタレースになりながらもサブスリーを紀州口熊野マラソンで達成できた事で、どこか自分の中で慢心してしまっていたところは否めず、2月の月間走行距離は現段階で200キロにも到達しておらず、12月や1月の練習量に比べると激減。

そしてスピード練習も400mインターバルのみと、ハーフマラソンに対応できる練習とは言い難い内容に終始しました。

その結果、せっかく1月までで落とした体重もここにきて増加傾向気味。

そして周囲のランナーにも「犬山はどうも気合が入らない」と公言してしまうなど、レース本番に向けて気を引き締め切らなかった事が、今回のレース結果を招いた大きな要因だと思っています。

失敗要因2 レース直前期のコンディショニングの失敗

そして犬山ハーフに向けての失敗のもう一つの要因は、レース直前期に今までやっていなかったようなトレーニングを急に取り入れたりした事で、レース本番に向けていいコンディションを作れなかった事。

レース10日前には400mインターバル実施後、激しい身体の動きが要求されるタバタ式トレーニングを急に取り入れた事で、3日ほど筋肉痛でまともに動けない状況を作ってしまいました。

そして1週間前からも、今までやったことのないようなストレッチを取り入れたり、必要以上にきつめの体幹トレーニングを思いつきで実施したりした事で、かえって調子を落とす結果となってしまいました。

「レース直前期に普段とは異なるトレーニングはNG」である事が鉄則。

その鉄則を破ってしまった事が、レース前日のいきなりのコンディション不良の一つの要因になったと思っています。

そしてレース当日、スタート直前の水分補給やウォーミングアップ不足と、スタートラインに立つ時点で万全の準備をしなかった事も、今回の結果につながった大きな要因だと思っています。

失敗要因3 設定目標が高過ぎた

そして第3の失敗として考えつくのは、1時間19分切りという目標設定が、今の私にはあまりにも目標が高過ぎたという事。

ハーフマラソンで1時間19分を切るためには、キロ3分44秒を維持して走らなけらばならないのですが、このペースは練習で3キロ以上走った事がない距離で、ハーフを走るペースとしてはかなりのハイペース。

・・・という事はずっと前からわかっていたのですが、もともと本番に強い私の場合、なんとかなるだろうと慢心していたところがありました。

ただ練習以上の走りはなかなかできないものだという事を、今回思い知らされたという事で、洞爺湖マラソンに向けてはより現実を見た目標設定、そしてペース設定を考えていかなければなりません。

失敗要因4 方針がブレにブレていた

そして今回の犬山ハーフに向けての最大の失敗要因は、とにかく自分の方針がブレにブレまくった事。

その代表的なものが、あれだけ今シーズンはナイキと心中すると言っておきながら、レース1週間前のタイミングで、いきなり新しいシューズ「ニュバランス HANZO R V2」を購入して、レース本番に臨もうとした事。

この事がレース前日のいきなりのコンディション不良の最大の要因につながった事は、まず間違いありません。

そして結局自分が犬山ハーフマラソンで履いたのは、履き慣れたはずの「ナイキ ズーフフライニット」だったのですが、ここ最近履いていなかった事もあり、走っていてかなりの違和感がありました。

そしてレース途中での足裏の感覚がなくなったりしたのも、この事が大きな要因だと思っています。

フルマラソンはそれほど甘くなく、そんなブレブレの事をやっていては、絶対に結果はついてきません。

犬山の失敗を洞爺湖で生かそう

以上のように、今回の犬山ハーフマラソンが途中棄権に終わった要因(言い訳・・・)を挙げてみたわけですが、どれもこれもすぐに軌道修正が可能なことばかり。

・・・と言うより、紀州口熊野マラソンでかろうじてながらサブスリーを達成したことで、どこかに慢心が生まれていた自分にとって、どれもこれもいい薬になったという事だと思っています。

さいわい昨日のレースでは10キロしか走っておらず、昨日の午後から今日の午前は身体に力が入らなかったおかげ(?)で、とにかくよく寝た事で、疲労は全く残っていません。

そして洞爺湖マラソンまで残すところあと12週間となったという事で、明日よりは早速洞爺湖マラソンに向けたトレーニングを再開していこうと思っています!!

おすすめの記事